2014.05.19 Monday 13:08

クーデタの夢魔

  気が付くと、私は妙な制服を着て、市ヶ谷の防衛省で演説を始めようとした。そうか、集団的自衛権行使に反対する学者グループの代表として、防衛省、自衛隊に呼び掛けに来たのだった。

「諸君は、憲法9条の下、日本を守る自衛隊として、国民の生命と生活を守るために素晴らしい仕事をしてきた。平和に徹する活動は、国民の感謝と諸外国の信頼を勝ち取っている。今、内閣の憲法解釈の変更によって、自衛という金看板を捨て、外国の訳の分からぬ戦争に送られようとしている。自衛隊の誇りにかけて、こんなまやかしは断固拒否しなければならない。」


 なんだか、ハト派の三島由紀夫みたいだな。すると、数えきれない自衛隊員が列を組んで靖国通りを都心に向かって行進し始めた。「首相官邸に行って、外国の戦争のために死ぬつもりはないと伝えよう」という声が聞こえた。


「待ってくれ。シビリアンコントロールを破るのか」と言うと、「戦争知らずで戦争好きの政治家ほど、我々にとって迷惑なものはない。言葉で言っても止められないから力を振るうしかない。これこそ積極的平和主義だと、首相と取り巻きのばかな学者に思い知らせてやる」と誰かが言った。

「気持ちはわかるけど、冷静に考え直そう」という自分の叫び声で目が覚めた。

東京新聞5月18日


Comment:
2014/05/19 10:47 PM, 匿名希望 wrote:
明治大学の齋藤孝さん、もうそろそろ博士論文をお書きください。
2014/05/19 11:42 PM, 匿名希望 wrote:
山口は、相当病んでるな

気が付くと妙な服を着て騒いでるんだろ?

その上、誰が言ったのか分からない
声が聞こえただの行進を始めただの
嘘八百ww

今は便利な時代なのだから証拠を出せよ

なおさら、お前が政府が言う前に
アジア地域の平和に何か貢献したのか?

左翼のありがちな手法で何盛り上がってるの?

国立大学をクビになりスキマ産業で
食いつないで行きたいのなら
山口自身で叫んで目を覚ますべき!!






2014/05/20 12:25 AM, 匿名希望 wrote:
多様な家族、多様な学校はよく報道されているのですが、多様な職場は報道され切っていないような気がします。
勿論、多様な働き方というのは出てきますがそれはキャリアがある人のための内容でありレールから外れた人のための内容ではないような感じがします。
新自由主義で個人の尊厳を強調して多様な職場を目指す事が出来ればいいのですがどうもそうなってはいないようです。
2014/05/20 5:31 PM, ビルト wrote:
こんなくだらない内容で、夢オチw新聞に掲載していいのかこれw
2014/05/21 11:41 AM, 匿名希望 wrote:
頭、大丈夫?
2014/05/22 8:40 PM, 匿名希望 wrote:
小此木啓吾(多分)がペテン師が独立開業する時に「君は今まで国(久里浜病院)や都(東京都精神医学総合研究所)に守られてきたんだからね」と言ったそうだが、確かにペテン師が意気がっても国や都に守られていたという事だろう。そしてペテン師は独立開業して意気がってはいただろうが、医者である事によって守られて来た訳である。(医者って結構儲かる商売である)
2014/05/23 3:07 PM, 匿名希望 wrote:
随分前の話だが、スナック系のバーに通っていたら、芸能人(皆が知っている程は売れていないが、ネットには載っている)が頻繁に来ていて年は当時で26位で自己チューで金切り声をあげ勝手に人の輪に入り込んでくる割には自らの輪に入ると不快感を示す。(たださ程売れていないから深刻な「私特別です」という問題はなかった)
彼はお金は持っていたからそれなりの処遇はされ(その店のマスターがお金がありそうな所には吸い付く人だったから)CDも出しているから歌も上手い。芸能人に有りがちな演技性人格者(以前説明した)だからよく騒ぐ。(家族関係を見たらさみしいのでしょう)
彼の誕生日には隅のほうでミニイベントをする位の羽振りがあり、マスターも参加していた。後、マスターが私に「普段関わりなくても誕生日にはおめでとうの一言くらい言いなさいよ。」と言うが何で言わなきゃいけないんだろうと思う。(こっちも言われたくない)
マスターが「かわいがられたほうが得よ」とヨイショを薦めるが、自分はやらない。(やられたくもない。自分にヨイショだなんてする人はいないだろうけど)
相手はさ程売れていない芸能人だからそれはそれで相手にゴロニャ〜なヨイショもいいんでしょう(それがマスターの営業なんでしょう)が、そもそも関わりたくない人(向こうも拒絶反応を示していた)であり嫌なものは嫌だ。(彼自体はいい人かも知れないが。ただ芸能人にありがちに思春期真っ盛り)
2014/05/23 3:43 PM, 匿名希望 wrote:
(訂正)随分前の話だが、スナック系のバーに通っていたら、芸能人(皆が知っている程は売れていないが、ネットには載っている)が頻繁に来ていて年は当時で26位で自己チューで金切り声をあげ勝手に人の輪に入り込んでくる割には自らの輪に入ると不快感を示す。(たださ程売れていないから深刻な「私特別です」という問題はなかった)
彼はお金は持っていたからそれなりの処遇はされ(その店のマスターがお金がありそうな所には吸い付く人だったから)CDも出しているから歌も上手い。芸能人に有りがちな演技性人格者(以前説明した)だからよく騒ぐ。(家族関係を見たらさみしいのでしょう)
彼の誕生日には隅のほうでミニイベントをする位の羽振りがあり、マスターも参加していた。後、マスターが私に「普段関わりなくても誕生日にはおめでとうの一言くらい言いなさいよ。」と言うが何で言わなきゃいけないんだろうと思う。(こっちも言われたくない)
マスターが「かわいがられたほうが得よ」とヨイショを薦めるが、自分はやらない。(やられたくもない。自分にヨイショだなんてする人はいないだろうけど)
相手は芸能人(ここ訂正)だからそれはそれで相手にゴロニャ〜なヨイショもいいんでしょう(それがマスターの営業なんでしょう)が、そもそも関わりたくない人(向こうも拒絶反応を示していた)であり嫌なものは嫌だ。(彼自体はいい人かも知れないが。ただ芸能人にありがちに思春期真っ盛り)
2014/05/23 7:00 PM, 匿名希望 wrote:
ペテン師のバカ発言にこんなのがあった。
いくら官僚をコケにして、民間を強調しよう「国からの教育費をもっと減らす」等とホザク。現状では教育費は減らされていますし、教育の私事化(これ自体は悪い事ではない)でそもそも大して国から教育費が出ていない。それでもっと教育費が減ったらペテン師が目の敵にするエスタブリッシュメント(教養と財産)が増える事になるではないか?
2014/05/26 1:28 AM, 匿名希望 wrote:
これは香山リカに送信したメール内容です。(メルアドは立教大学のホームページに公表されています)尚、メールを送った際には自らの実名と住所を記載して送りました。
香山さんの著書を何冊か読みました。
そこで気になった事がありましたのでメールを送らせて戴きます。
というのは香山さんの若者に対するイメージが変わってきたと言います。(「いまどきの常識」、「わたしは若者が嫌いだ」)
香山さんがお好きそうなのは「本来ならばはめを外すほどの理想に邁進する」(「若者・アパシーの時代」)という思春期の一側面であり、またアッパー系な思春期(特にスポーツ:自己啓発により不安な自己を身体を通して確認する、物知らず、幼い。ちなみにこれは社会的引きこもりの典型です)でありそれはそれで香山さんの価値観ですからいいのですが、それを臨床に持ち込むと厄介になる事があります。
また香山さんが「卑劣なジャップグレート東郷」に寄せているミーハーな文章についてこの本は著者の自己陶酔とプロレスラーへの一体感に満ちていてアディクション者の心理と言えるのにも拘わらず何故表現病理において問題にしないのか?
ではちびまる子ちゃんのキャラクターのおおの君とすぎやま君のキャラが思春期の本来的であり、ふじき君、ながさわ君、のぐちさんは非本来的なキャラクターなのでしょうか?「太陽がくれた季節」が本来的で「圭子の夢は夜開く」(十五 十六 十七と私の人生 暗かった)は非本来的な在り方なんでしょうか?
別段香山さんの価値観に介入するつもりはないですが、思春期臨床や社会への発言において思春期への一側面を美化し、ダウナー系社会的ひきこもり(「社会的ひきこもり」で主に扱っていると思われるひきこもり)を問題視してアッパー系社会的引きこもり(特にスポーツ:自己啓発により不安な自己を身体を通して確認する、物知らず、幼い。ちなみにこれは社会的引きこもりの典型です)するのは患者への利益にならないし、斎藤環が引きこもりへどう対応するかによってその人が後何年やっていけるか解ると言っていますが(「ひきこもり文化論」)引きこもりにこんな対応していたら斎藤学みたいに医者生命断たれますよ。
2014/06/02 9:52 AM, 匿名希望 wrote:
よ〜く分かりました

左翼脳は夢と現実の区別が出来ない
年中脳内がお花畑って事ですね

さすが学者さんは違うなぁ〜

あっ!!今はプロ市民でしたっけww
2014/06/06 5:09 PM, 匿名希望 wrote:
私を左翼と決め付ける連中が雨後の筍のように簇生するが、自らのバカを晒す事になっている事が殆どである。
2014/06/30 11:38 AM, 大須騒擾事件 wrote:
5月の時点でコレでは明日から年末までの安全保障関連の怒濤の展開に山口先生は耐えられないのでは?

と心配になったよ。
Add a comment:









 
RECOMMEND
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2014 無料ブログ JUGEM Some Rights Reserved.