2016.03.28 Monday 23:19

奴隷精神

 国立大学の卒業式で国歌斉唱をしないという大学に対して、文科相は「恥ずかしい」と批判した。政府から交付金をもらっているのだから恭順の意を示せということである。
 恥ずかしいのはどちらだ。金をやっているのだから言うことを聞けというのは、何とも品性に欠ける発想である。大学の交付金は文科相の私財ではない。国民の税金を使わせてもらっていることへの感謝は、もっと実質的な研究、教育の成果によって具体化すればよい。大学とは、独立した研究者がものを考え、知的に自立した人間を育てる場である。
 反抗と刷新は表裏一体である。旧弊に反旗を翻すのは、若い世代の役割である。明治時代後半、維新を知る世代はいなくなり、若者は学校制度の中で立身出世のための学問に専念するようになった。この時、ジャーナリストの三宅雪嶺は「独立心を憎む教員が授業を担当し、独立心を憎む官吏が教員を監督していては」、独立心を持つ人間は育たないと慨嘆していた。そして、当時の教育が「有識有能の奴隷精神」を涵養すると批判した。
 せっかく18歳選挙権を実現しても、高校生の政治活動を届け出なければならないというお達しを作る県もあると報じられている。現代の教育行政を担当する官吏も、よほど奴隷精神が好きなのだろう。
東京新聞3月27日

Comment:
2016/05/06 11:46 PM, 匿名希望 wrote:
そういえば、小林なる人物が無闇に自分の意見とか標榜すればする程その凡庸さが強調されていたが、その場限りの詭弁や自分の意見と自称する内容らしき無意味な記号の羅列をまぁよくもよくもそれを紀行文とか自分の意見とか言う無神経さには人生ナメたとしか言いようがない。(こ奴は読んだ(読めた)形跡がまるで見当たらない事をまるであるかのように現実にはない妄想的捏造をぶちあげる。確かに読んだ(読めた)と言うのはこ奴「だけ」。そういえば嘘が無ければ小説を書けないだろうと言う作家がいたな。北朝鮮は客観的明確な証拠を突きつけられてもそれを否定する)
そのくせこ奴自分以上の人達を限りなく(差別をも含め)貶める事に怪しげな低レベルな狂気とも言える情熱を掻き立て(都合のいい自分以上の人達は「天才」などと言って渇仰し)、勿論自分の下の属性にはヘイトスピーチ(憎悪差別扇動)さながら。(こ奴は「個人」と言うだけの孤立している大衆の小粒であり「個人」「個人」と言えば言うほど凡庸を極めるゆえに高慢であり品性下劣である)
このような奴は死滅してよかったし、何よりこ奴の死滅は世のため人のためそして何より御自身のためであると言える。
2016/05/12 3:21 PM, 小林 昭人 wrote:
鳥なき里のなんとやら

 最近は山口先生も原稿の依頼がめっきり減ったらしく、サイトの更新もまばらだし、何より反応が少ない。野党再編と言っても、中心になるのがあの民主党で分派行動(小林)まで出てきては政局も一人気を吐くのは共産党ばかり、興のないこと甚だしい。

 と、思って何の気なしにコメント欄を見てみれば(匿名→5月の書き込みはオマエ一人だ)、知らない間に復活していた「あの便所虫」匿名希望がまたご降臨かい。相も変わらず読みにくい文章に、相も変わらない著作権無視の全文引用で、「こりゃ(バカに)付ける薬ないわ」と匙を投げていたのだがねえ、、

 それに見比べてもコメントの内容が山口氏の本文とは全然関係ない。これも相変わらずだが、コメントを読むに、こちらが「見逃してやったのだ」と気づかないとは哀れなヤツである。

 聞けば東大生の三人に一人はあのアスペルガー症候群と聞く、他者に対する共感力のない、マニュアル頼みで応用力のない秀才がいくら集まったところで物の役に立つとも思えない。これはかつて匿名が自分で言っていたような(自分は入院歴もあると凄んでいた)精神病者だいうのとは違うかもしれないが、やっぱり入試には学科試験に加え、手間ひまかかっても面接(人物試験)が必要だと思う次第である。

 私に言わせれば、こういう秀才は元の頭に精神病質という「ゲタ」を履かせているだけで、本当の秀才とは程遠い。スポーツでドーピングした奴の記録など認められるか、こういうのに政治経済の主導権を握らせるとみんなが迷惑するので、日本もいろいろ進んで来た折、これは考えても良いかもしれないね。

 それともう一つ、匿名がバカだというのは、これが人の「回答するコスト」を無視していることがある。今見れば噴飯ものの小保方の博士論文を取り消すのに早大は何年かかったか、些細なことに拘泥し、相手の揚げ足を取る議論作法がどれほどの無駄か、思えば「対案を出せ」と言っていた連中もそうであった。自分の支払う労力に比し、相手に過大な負担を要求することはそれ自体ルール違反、答えを返すにも値しない。

 オイオイ匿名君、今だにしつっこく私の名前を挙げて誹謗しているようだが、いったい私の何がまずいのかね? 韜晦するようなやり方や論点移動、どこを読めば良いか分からない人の文章の全文引用に自説ポツリや自己正当化じゃなく、誰が読んでも分かりやすい表現でそれを指摘してみろや。

>匿名希望

 できないとわかっている相手にそう書く私も意地が悪いけどね。わたしゃ、かつて凹まされたという理由で正当な理由もなく他人の悪口書くほど私情に流される人間でもないし、くだらない人間でもないから。

2016/05/12 9:51 PM, 匿名希望 wrote:
小林某という大衆は常に「非真実」である。
2016/05/13 12:14 AM, 小林 昭人 wrote:
入院歴は自認でしょ?

>非真実

 わたしゃ、「匿名某とかいうキチガイ」については、アンタが自認した内容しか書いておらんけどね。(自分に良く似た、が、全然違う)アスペルガーだの多重人格者だのについてはアンタがそう思い込みたがっているだけで、実際はまるで違うと思っているから、私から見れば匿名希望は他人を貶めて自分を良く見せようとする、どこにでもいる平凡な人間で、取るに足るところのないタダの俗人。

>ここで一言

 「匿名希望は右翼か左翼か」という設問はどうだろう? このサイトは左派の論客山口二郎氏のものなので、リトマス試験紙としては氏の言説に賛同なら左派、批判するなら右派という簡単な区別はできそうだが、これまでの書き込みを見るに、この匿名というのは山口氏には批判的だが右派ではなく左派の人間と見えはするな。

 もっともコイツに右左言うほどの中身があるかは怪しいが、ま、現状このコメント欄は「鳥なき里のコウモリ村」だし、コウモリがいるなら、バクテリアやスピロヘータがいても良いわな。私の悪口書くのでなければ、山口氏と同じ左派のようだし、見逃してやるよ。

2016/05/13 12:39 AM, 匿名希望 wrote:
さよなら、小林某という常に「非・反真実」である大衆よ。
2016/05/13 9:47 PM, 匿名希望 wrote:
小林何とかのバカは死んでも治らない、ならば死んでくれ。
2016/05/13 10:34 PM, … wrote:
小林っちはバカだというのは、単なるアナタの主観でしょ

いや違う、客観的な事実だと言うんなら具体的な事実を摘示してよ?

それから、他人に気軽に「死んでくれ」ってよく言えるよね?

アタシの知る限り、小林っちのほうからアナタに「死んでくれ」って書いていたことはないと思うよ、

ボロクソ言われて恨むのはわかるけど、アナタに関する小林っちの論評は、第三者から見ればそれほど的外れとは言えない

匿名っちはもっと自分を客観視しないと。




2016/05/13 11:05 PM, 匿名希望 wrote:
ああ、あなたはよく、第三者的で日和見的で傍目八目な態度で何か的を射るような事や良識な事を言いたげながらさほど優秀ではない小林某の味方でしたね。
確かに小林某は死んでくれという記号は使っていないがそれに近い事や下手糞な皮肉を言っていてね、(第三者を気取る)あなたは別として(私だけではなく)大方の評価によればこの人物は知性という訓練を受けていない、厳しい所にいた事がない、無知の自覚がない、学問の基礎への無理解、誠実性の欠如は見られます。
あとあなたよく第三者、客観的といいますがそれはあなたのことでしょう。あのね、人が死んでよかったと思うのは生きていれば解る事でして第三者を気取りながら小林某の味方をしているこの者とも不毛な言い合いをしそうなんで、私からあなたへのレスポンスはこれで終わりにしたいです。
2016/05/13 11:08 PM, 匿名希望 wrote:
(追加)私はいつも自己客観視しようとしていますので客観、第三者を自己都合で悪用するあなたとは違います。
2016/05/14 6:46 AM, … wrote:
第三者を「気取る」って、、、アタシが「第三者」だと言う意味は、「特定の問題について争っている当事者ではない」という意味ョ?そしてそれは事実でしょ?だってアタシはアナタの投稿を論評した当事者ででないし、論評された本人でもないんだから。事実を言ってるだけなのに、それが何で「気取る」ことになるの?

それから、「さほど優秀でない小林の味方」とあるけれども、「優秀でない」というのは、単なるアナタの主観であって、客観的な事実ではないでしょ。だってアナタは、「自分だけでなく『大方の』者が小林っちを『知性という訓練を受けてない』、『厳しいところにいたことがない』、『無知の自覚がない』と評価している」というけれども、いつどこでどのような「大方の」者がそのような評価をしたのか、具体的な事実の摘示を何もしてないジャン?事実の裏づけが何もない主張は、客観的事実たり得ないよ。

もう一つ。アナタが「確かに小林の方から死んでくれとは言われてないが、それに近いことや皮肉を言われた」というのはそれはその通りで、小林っちも相当辛辣なことを言っているのは上の米や以前の米を見ればわかる。けれども「死んでくれ」というとはヤッパリ違う。「死んでくれ」と言うのは相手のいのちの消滅を願うということでしょ。

自分や自分の親しい人が他人からそう言われたら、どんな気分になるかな?感じてみて。

Do you feel that?


 





2016/05/14 7:20 AM, … wrote:
(追記)

それからネ、「人が死んでよかったと思うのは、生きていればわかること」かどうかという問題と、アタシと「不毛な言い合いをしそう」かどうかという問題は、全く別個の問題であって相互の関連はないのに、あたかも関連があるかのように一つのセンテンスにまとめてしまってるのは、極めて非論理的な立論方法だョ。

一つのセンテンスに相関のない二つの主張を盛り込まないように気をつけるだけでも、かなりスッキリした論理的な文章になるョ。あ、それから文中の括弧の多用を避けること。あと、小林っちも指摘する通り、他人の文章の全文引用はダメ。
2016/05/14 10:20 AM, 小林 昭人 wrote:
そんな知性は要らない


>知性という訓練を受けていない、厳しい所にいた事がない、無知の自覚がない、学問の基礎への無理解、誠実性の欠如は見られます。

 これはどうも私のことを指すらしいが、別の文の「さほど優秀でない小林の味方」というのは、長々しい修飾文を見る限り私ではなくテンテケさんのようなので(紛らわしい)、とばっちりとはいえ、ずいぶん酷いことを言うものである。


>「匿名希望は知的か」

 上のように人を論評するに際し、十把一絡げで他人を巻き添えにして平気だとか、それ以前の問題としてこれも嫌がらせのように山口二郎氏の掲示板に居座ってクドクドと埒もない書き込みを続けるとか、人の文章の中身をまず読まないとか、皮肉や警句が分からないとか、そもそも他人に自説を読んでもらう気がない、コミュニケーションをする気がないというのは、どう考えても誠実な人間のそれでも、知性という訓練を受けたそれにも見えないのだが。

 それに、私への応答は置くとしても、匿名希望の書き込みは放言のような無駄が多く、大方10のうち1つかそれ以下しか意味のあることを書いていない、その表現が冗長というのも、時間や仕事に追われ、「意味を正確に伝える必要がある」という厳しい所にいた人間にはとても見えないこともある。

 「無知の自覚がない」ことについては、どうも見る所「客観、第三者を自己都合で悪用」などとあるので、テンテケ氏は私のごく近いところにいる同性愛者、ダチかクローンとでも思っているようである。こんな感じでは私がパーティーや大学で安倍晋三やキャロライン(ケネディ)を「見かけた」と話せば、それが拡大解釈され曲解され、「自分(匿名)を追い詰める日本政府やCIAの黒い陰謀(その手先が小林)」とされそうで、その大げさなリアクションは教養のない、町のチンピラレベルの無知な人物そのものである。言い得れば「恐怖は無知の友」であり、今の様子を見れば匿名希望は有知ではなく、むしろ無知な人物だろう。


>「大方は、死んでくれ」

 むしろ、匿名希望の凡庸さは上のように根拠なく「大方は」とか「みんな」など自分の意見が多数意見であるかのように装ったり、安直に他人の死を願うといった態度にあるだろう。そういう態度を取る人間の精神が強靭とはとても思えず、匿名希望の実像というのは、たぶん本人が希望しているそれのほぼ正反対のものにしか見えない。

 それが分からない点、この人物には客観性(自己客観視)に問題があることも、見れば明らかなことである。


>コイツは右派か左派か

 少し前の私のコメントだが、匿名は山口二郎に反発しているが言い分を見るにネトウヨらしくもないので、おそらくは左派であろうと書いたが、山口氏の「民進党」を支持するのに躊躇するのは、匿名はマンガとして、この種の人間の存在である。同じ左派でも教条的かつ偏狭、暴力的で反社会性のある一党の存在は検知されており、山口氏の言う口当たりのよい「社会民主主義」の一部にこれがいたというのであれば、まだ自民を支持する方がマシである。

 その点、山口氏らはこれら「教条的左派、極左」と明確に決別したようには見えない。むしろ利用できるなら利用する的なニュアンスさえある(最新のコメント)。ネトウヨが安保時代の極左学生の蛮行(日本赤軍)など引き合いに出し、いわゆる大衆の恐怖心を呼び起こしていることを見れば(これがあったので年配者の多くは共産主義が嫌いである)、匿名希望に限らず、その粛清は彼らの仕事だろう。
2016/05/14 4:20 PM, 匿名希望 wrote:
「…」が死んでくれと言うのにその一点だけでああだこうだ言うなら小林某は取り敢えず生きてていいから寿命が尽きるまで私宅監置、人生の墓場にいて欲しい、社会的生命が消滅してほしいという意味でね。(あとなるべく生物的生命消滅もね。あっでもこ奴のこのまま生きジゴクも楽しいか)
小林某は人の文章を正確に読む事をしないで、(その能力がなく)低劣な恣意性で単なるそうではないという間違い(馬を鹿と鹿を馬と強弁する馬鹿)という誤読を繰り広げる多分こ奴の知性の程度が低いのも人の言葉を尊重しないからでしょう。
こ奴の事に関する話しは出尽くした感があるし第三者が見られるようになっているし、オレは2ちゃんねらーのバカとは違うぞ(実は2ちゃんねるは左派マスコミが右っぽい事で盛ってる連中がいるって事で問題視したが、ネット右翼は以前の左翼でね)と言いながらここを2ちゃんねるにしたのが小林某の最大の業績と言える。
それではさようなら。
2016/05/14 6:29 PM, 小林 昭人 wrote:
ついて行けないワープ思考

>オレは2ちゃんねらーのバカとは違うぞ(実は2ちゃんねるは左派マスコミが右っぽい事で盛ってる連中がいるって事で問題視したが、ネット右翼は以前の左翼でね)と言いながらここを2ちゃんねるにしたのが小林某の最大の業績と言える。

「左派マスコミが右っぽい事で盛ってる連中がいる」
「ネット右翼は以前の左翼」

 またぞろ新発見である。こちらも初耳だ。2ちゃんねるを取り上げたのが「左派マスコミ」というのも初耳なら、ネトウヨが元左翼というのも聞いたことがない。それじゃ、こちらも2ちゃん流の応答をすると、

「ソースは?」

 と、なる。

「ここを2ちゃんねるにしたのが小林某の最大の業績」

 これも多数説ではないな、そもそも私が色々言う前から橋下徹の一件でここは2ちゃん化していた。事実と違うこと甚だしいし、それこそログを読めば分かることなのだが、どうしてこの人物はこういうウソをしゃあしゃあと書けるのだろう? 推論にしても論拠不明で程度低い。

 いやあ、匿名希望さんよ、アンタ自分が人より知的で高みにいると自己主張したいというのはヒシヒシと伝わってくるけどさ、その割にはアンタの論理展開は(いつも)稚拙で目が粗いのよ。なのでバカにされるの、ワカル?

>さっさと死んでくれ

 あのさ、テンテケさんの言うような倫理的理由もあるけど、議論において相手に死んでくれ、とか、害悪を告知して脅し上げるなんてのは、とどのつまりが「降参」と同じことなのよ。言葉で相手を説得できないからそういう表現に走るわけで、そりゃそういうことはあるわな、私だってオマエみたいなキチガイ説得できる自信ない。

 が、自分からそれを言い出すのは、たいていは自分が相手に対して負けている、勝ち目がない時だからなのよ。なので私はオマエに向かって「死んでくれ」とは言わないし願わないが、劣勢のオマエは私に向かってそういう言葉を連発するのよ。私がオマエに向かって言わないのは、そう言う必要が無いからなのだよ。

>寿命が尽きるまで私宅監置、人生の墓場にいてほしい

 この人的資源が貴重な時に他人に向かってそういう言葉を吐くこと自体、この人物には他者に対する共感力がなく、日本社会の現状についても理解のない証拠ではあるわな。バブルや高度成長の時代ならいざ知らず、今の日本にそんなこと言っていられる余裕なんざないよ。自宅監置のクズ野郎でも何らかの取り柄、利用価値がないかと考えるのが今流というものだ。

 そういう点、コイツは時代からもズレつつあるな。入院歴のある精神病者に言われる筋合いはないが、私だったらそう考えるし、そう考えた方が多分知的で多数派の支持も得られるハズ。

>匿名希望は右か左か

 言動と行動からして、「右よりはむしろ左」と先に書いたが、どちらもそれほど確としたものではないようだ。思考の基盤を感じさせない点、「学問の基礎への無理解」は、むしろこれにこそ良くあてはまる言葉だろう。

>蟹は甲羅に合わせて穴を掘る

 ここで私の悪口を書き殴った人間は何人もいるけれども、多くは悪口を言いつつ、その実は私じゃなく、むしろ自分のことを雄弁に語っているのよね。匿名の言う私の欠点は、むしろ匿名にこそ良くあてはまる。これもいつものこと。

 妄言のソースなどという無駄なことは言わないよ(笑)。山口氏の本文もあるのだし、それに照応し、もう少し建設的なことを書けや。私に散々凹まされた過去の恨みつらみではなく(笑)。
2016/05/14 6:59 PM, 匿名希望 wrote:
「私に散々凹まされた過去の恨みつらみではなく(笑)。」(←お前だろ)
2016/05/14 7:22 PM, 匿名希望 wrote:
小林某、死ね。
2016/05/14 8:40 PM, 匿名希望 wrote:
小林某は人材ではなく人の形をしたゴミ。
2016/05/14 9:12 PM, 匿名希望 wrote:
「小林某の屁理屈展開は(いつも)精神薄弱・遅滞者クラスで破綻してるくせに人をバカにするのでバカにされるの、ワカル?」
2016/05/14 10:14 PM, 小林 昭人 wrote:
匿名希望はグズいから

>小林某は♪〜クズ〜ゥ♪

 話を長引かせるので困るのよ。上のは成りすましかな? 匿名独特のあの人生後ろ向きの暗さがないし、話を長引かせると、こういう面白がって煽りたがる変なのが湧いてくるのよ。

 そういえば昔、「茶坊主」とかいう煽り以外に芸の無いバカが出没してはいた。吐き気を催すような汚い文体で、これを職場や家庭にバラせば速攻クビか破滅だろうという致命的弱点があったが。こんなのが出てくるのも匿名希望がトロトロしているせいだ。

>そもそもの最初の文章

 しかし甘いわな、匿名が度し難いと思うのは、自分が何の反論もされず、一方的に他人の悪口を書く権利があると思い込んでいる点で、このコメント欄のそもそもの最初の書き込み、これが私に対して正当な批評とか、聞くべき所のある意見とは、到底見えないし言えないわな。

 つまり、反論を予期しなければいけないわけで、反論されればいろいろ弱点があって脇が甘くてボロボロ、到底敵わないことまでどうも分からなかったらしい。元々貧弱な知的基盤が暴露され、恥を掻くのは自分だと分からなかったあたりで、こりゃ私の敵ではないわな。キジも鳴かずば撃たれまいに。

>とりあえず匿名の文章として

 上の手短な煽り書き、一応匿名の文章だと信じてやることにすると、こういうヒステリックな反応をしてくるということは、私の指摘が図星で、その程度でパニクるような貧弱な精神と自ら暴露したようなものだ。これが自分の得になると、本当に思えるのかねえ、効果はどう見てもその反対だろう。

 これも何度も言ったが、私は自分のサイトを構えているし、意見があるなら自分でブログを借りるなりサイトを作るなりして言えるだろう。いつになったら山口二郎の寄生虫であることを止めるのか。

 マア、自称モノホンの気狂い(精神病院の入院歴が自慢)には、言うだけ野暮か。
2016/05/14 10:17 PM, 小林 昭人 wrote:
追伸

>匿名

 上の書き込みが自分と違うというなら訂正してくれ。紛らわしく、区別が付かないのでね。
2016/05/14 10:22 PM, 匿名希望 wrote:
屁理屈展開は(いつも)精神薄弱・遅滞者クラスで破綻してるくせに人をバカにする小林某、社会のゴミ集積場と言われる閉鎖病棟に精神科医と家族により強制連行されな。こ奴にはこの道しかない。
2016/05/14 10:27 PM, 匿名希望 wrote:
穀潰し老化クソガキ小林某を子宮に包む親が砂糖のように甘く「一番犯罪的」。
親も親なら子も子だ。
こ奴の家系の不肖は万世一系。
お歳を召した事を誇りにするなら今すぐ死ね。
2016/05/15 3:34 PM, … wrote:
〉ここを2ちゃんねるにしたのが小林某の業績

2ちゃんねらーはアナタなんじゃないの、匿名っち?
だって自分を批判する者に対して、「市ね」とか「タヒれ」とか「逝ってよし」だとか平然と書き込む2ちゃんねらーにソックリだもん。

だけど、ただ批判されたとか悪口言われたとか言う理由だけで、こんな風に他人に死ぬことを要求するというのは異常なことだョ。なぜって、もしそれが正常なことなら公衆の面前でも相手に面と向かって言えるはずだけど、それはできないでしょ?

それともできる?「死んでくれ」ってもっと汚く言えば「くたばれ!」ってことで、英語で言えば “Fack you!”となるけど、英語圏の国でこれを公衆の面前で言うとその場の空気が凍るョ?つまり、そこに居合わせた全員が “take aback” すなわち度肝を抜かれる。そのくらい異常な発言で、通常人であれば口にできない言葉なわけだけど、それでも言える?

いやそれは英語圏の国だろって?いいえ、日本も文明国の端くれとして、生命尊重の観念は日本社会に確立して国の血肉になっている。その証拠に、路上で他人に「死んでくれ」と迫る者を見かけたら、誰でも凶器の所持を疑って110番通報するでしょ。だから日本においても他人に「死んでくれ」と言うのは、やはり通常人にはできない異常な行為だョ。

なので、匿名っちといえども公衆の面前で小林っちに死んでくれるよう言えるわけがない。そうすると、結局匿名っちは文字通り匿名の陰に隠れて、公衆に向かって開かれている他人の庭先であるコメント欄において、面と向かってはいえない異常な発言をしていたことに帰着する。

なんか異議ある?匿名っち?






2016/05/15 4:06 PM, … wrote:
Hi! 小林っち!

おひさ〜

何カ月か前に小林っちに宛ててコメント書いたのに、2日くらい待ってもお返事がなかったから、諦めてしばらくここに来なかったんだけど、その後よく見たらあのあとも色々コメントしてるのネ

小林っちのコメント読むの楽しいから、またちょくちょくここに来るようにするワ、よろしくネ!
2016/05/15 4:13 PM, … wrote:
あ、それから匿名っち。

もしやアタシが小林っちの同性愛者のダチだと思ってるとしたら困るから、大急ぎで否定しとくワ。

アタシは性別は女で異性愛者ョ。
2016/05/15 6:10 PM, 匿名希望 wrote:
「…」について反論する気が起こらない位低レベルです。
まず、文明国は散々殺戮と精神改造を繰り広げていて、生命尊重は戦後日本で道徳観念として強くなった観念でして、西尾幹二は「生命尊重(の絶対教義化)は生命を弱めてしまう(可能性がある)」と言い、生きさせられている権力があり、三島由紀夫が「生命尊重以上のものを見せてやる」と言って(勝手に)自裁しました。
もっと言えばあれ程いのちを大切にする辛淑玉が「人が死んでよかった」と思った時があると言う。(鬼哭啾啾)
小林某は批判とは言えず在特会、ナチス礼賛、魔女狩りの冷酷差別を自覚せずそれでいて何か東大・京大レベル未満大卒を見せびらかし皆と一緒がいいが少し上でいたい良識面しているこれほど悪い奴はいないほどの権力亡者な弱者、(表面的)善人です。
あと、私が匿名希望にしているのは理由を言いましたので。
「…」が小林某というコメントに期待するという事からしてどんなのかは推してしるべしです。
先程も言いましたがあなたにためにも私のためにも低劣な事で私に反論やら異論を求めるのはやめて戴けませんか?あなたが私に反論・異論を求めるのはちょいと無理なようですし。
2016/05/15 8:32 PM, … wrote:
ふーん、、、、そうすると、こういうことかな?

つまり、アタシは「生命尊重の観念は日本社会で確立している」から、「日本においても他人に『死んでくれ』というのは公衆の面前で面と向かってはいえない異常な行為だ」と書いたわけだけど、匿名っちはそれは誤りであるというのネ?誤りであって、「本当は日本社会では生命尊重の観念は確立していないし、したがって日本においては他人に『死んでくれ』と言う行為は正常な行為であるのだから、公衆の面前で面と向かって言える」ということネ?

そして、その理由としては、

1、「文明国は散々殺戮と精神改造を繰り広げていて、生命尊重は戦後日本で道徳観念として強くなった観念」
だから

2、「西尾幹二が『生命尊重(の絶対教義化)は生命を弱めてしまう(可能性がある)』と言っ」ているから。

3、「三島由紀夫が『生命尊重以上のものを見せてやる』と言って自裁した」から

4、「あれほどいのちをたいせつにする辛淑玉が『人が死んでよかったと思ったときがある』と言ってる」から

ということネ?なるほど。

じゃ、1から順にコメントするとネ、
1、文明国が散々殺戮を繰り返してきたというのはそれはその通りだし、戦後日本に生命尊重の観念が強くなったというのもその通りと思うけども、だからといって現代日本社会に生命尊重の観念が確立していないということになぜなるの?

2、西尾幹二がそういうことを言ってるのをアタシは知らなかったけれど、なぜ西尾幹二がそう言うと日本社会において生命尊重の観念が確立していないことになるの?

3、三島由紀夫がそういうことを言ってたのはアタシも承知していたけども、「三島がそういうことを言った以上は、生命尊重の観念は日本社会に確立されない」と考えたことは一度もないワ。なぜ三島がそういうと、日本社会に生命尊重の観念が確立していないことになるの?

4、辛淑玉がそういうことを言ってるのは知らなかったけれど、これも何で辛淑玉がそういうと、日本社会に生命尊重の観念が確立していないことになるの?

日本社会においても生命尊重の観念が確立しており、他人に「死んでくれ」と言う行為は公衆の面前で面と向かってはいえない異常な行為であるかどうかは、三島や西尾や辛が何を言ったかで決まるからなの?

アタシは無知だからそれは知らなかったワ。もっと勉強しなきゃネ。
















2016/05/15 9:01 PM, 匿名希望 wrote:
「…」について、お願いだから、こういう低レベルな事を言わないでくれって言いませんでしたか?これは私へのストーキング殺害予告より恐ろしい行為です。
確かに、人権や生命尊重はあるんですが、人権による人権抑圧というのもあるんです。
これは繊細な精神が要求されるので、私もまだまだ解らない事が沢山あり、これは提起という事に致します。(あなたとは関わりたくないから)
2016/05/15 9:29 PM, … wrote:
>こういう低レベルなことを言わないでくれ

どういうこと?だって匿名っちはアタシが誤ってるというんでしょ?違うの?

アタシとしては、匿名っちがアタシの誤りを指摘してくれてるんだと解釈して、どこがどう誤っているのか、誤っているとすればなぜ誤ってしまったのかを知りたいから訊いただけョ?だって誤りの原因を知らなきゃ成長できないでしょ?

いや、別に誤ってはいない、その通りだというなら尋ねたりしないョ、もちろん。

>人権による人権の抑圧

これはとても興味深いコンセプトだネ。具体的にはどういう状況を想定してるのかな?人権と人権が対立して両立しえない中で、一方がより強い権力を持つ他方から譲歩を迫られる状況とかかな?

2016/05/15 9:54 PM, 匿名希望 wrote:
何回も申し上げますが、これらの点につきましてはもう沢山の優れた人達が優れた論を展開していますのでそちらにあたってください。
私は(あなたと関わりたくないから)提起を致しました。
2016/05/15 10:01 PM, … wrote:
今思い出したんだけど、西尾や三島だけじゃなくて、佐藤優も生命尊重至上主義に同意しない一人じゃなかったかな?間違ってたらゴメン、でも生命尊重至上主義に同意しない人は結構いるかもネ。

とはいえ、戦後70年も平和憲法を堅持してきた中で、日本社会では生命尊重は社会通念としていちおう定着したといっていいと思うけどネ
2016/05/15 10:14 PM, … wrote:
>あなたと関わりたくない

匿名っちが他人に死ね死ね言うの止めてくれたら、もう文句言わないワョ?

アタシは、人が他人から死ね死ね言われているの嫌いなの。以前知ってる子が学校で死ね死ね死ね死ね死ね死ねと毎日机にイタズラ書きされて、ホントに死んじゃったから。死ね死ね書かれたことが自殺の原因であるという証拠は、本人の遺書以外何もないんだけどネ。

2016/05/15 10:24 PM, 匿名希望 wrote:
確かに「…」の言うように人に死ねと言うのは猛烈な加害行為であると自覚します。(そして言葉は人を殺しかねない事も)じゃあ小林某の「在特会、ナチス礼賛、魔女狩りの冷酷差別を自覚しない」のは何なのか?
それで恐ろしい程膨大な「尊い命が失われた」事や特定の人たちに「殺せ」と言う(言っているようなもの)のは?それに味方する「…」は?
2016/05/15 10:44 PM, … wrote:
ちょっとちょっと!

>小林某の「在特会、ナチス礼賛、魔女狩りの冷酷差別を自覚しない」のは何なのか?

??小林っちが在特会やナチスや魔女狩りについて何か肯定的なことを言ったことってあったっけ?これは匿名っちの誤解思うワ、だってアタシずいぶん長いこと小林っちと対話してるケド、彼がそんなこと書いてた記憶ないもん。ていうか、むしろ逆だと思うョ?つまり、もちろん批判的だったはず。とりわけ在特会については、以前ボロクソに書いてたことがあったように記憶してるんだけど。

匿名っちは、小林っちのどんなコメントを念頭においてそう言うの?
2016/05/15 10:51 PM, … wrote:
>人に死ねと言うのは猛烈な加害行為であると自覚します。

なら他人に死んでくれと言うのは止めてくれるのネ?止めてくれると解釈するョ、いいよネ?
2016/05/15 10:52 PM, 匿名希望 wrote:
人を精神病者と決めつけ、そんな奴に書く自由はない(ナチスは精神病者を抹殺した)、乱暴朝鮮人と決めつけて成敗は当たり前(在特会)、人を悪魔視して罵詈雑言を重ねる(魔女狩り)などは在特会、ナチス礼賛、魔女狩りそっくり。
こういうのは心の中の差別と言うんです。
あと私はあんなのと対話していませんし、ああいうのとは対話が成立しません。
私も色々やる事があるんで、先程も言いましたが何回も申し上げますが、これらの点につきましてはもう沢山の優れた人達が優れた論を展開していますのでそちらにあたってください。
私は(あなたと関わりたくないから)提起を致しました。
あなたしつこいですよ。
2016/05/15 11:07 PM, 匿名希望 wrote:
(捕捉)私が小林某に死ねと言ったのは(勿論そう思ったのも事実だが)あ奴命かけるとかどーとか陶酔してやがったから、じゃあ命かけてるなら死ねよって言ってやりたかった訳で、死ねとはやたら人に言う事ではないとは解っています。
2016/05/15 11:30 PM, … wrote:
ああ、なるほどそういうことネ。アタシは小林っちの言うことが全面的に正しいとは思ってないし、全面的に正しいと言ったことも一回もないけども、小林っちの言っていることも的外れではないと思う点が少なくとも一つある。

それは「匿名っちの文章は悪文だ」と言う点。だってパラグラフに分けないし、接続詞を全くといっていいほど使わないから文と文との関係が読み手に一目瞭然じゃないし、改行もほとんどしないから非常に読みにくい。しかも無関係の内容を一つのセンテンスに盛り込んで、読み手を混乱させる。さらに同一の内容を異なる表現で繰り返して、屋上屋を架す無駄に長い重複表現になっている場合がある。

以上を一言でまとめると、「匿名っちは読み手に不親切な書き手」ということになる。

この一事をもってアタシが小林っちの味方だと言うんなら、確かにその通りでそれについては何も言うことはないけど、匿名っちが表現したい何かを持っているなら文章作法をみっちり学ばないのはもったいないことだと思うョ

じゃお休み




2016/05/15 11:40 PM, 匿名希望 wrote:
確かに文章作法については以前にもご指摘がありましたね。なかなか不勉強で申し訳ありません。
改めて検討させて戴きます。
2016/05/16 4:12 AM, 匿名希望 wrote:
「…」なる人物が私が小林某に死ねと言った事に大分反発していたが、その小林某が私に関して「少し前の私のコメントだが、匿名は山口二郎に反発しているが言い分を見るにネトウヨらしくもないので、おそらくは左派であろうと書いたが、山口氏の「民進党」を支持するのに躊躇するのは、匿名はマンガとして、この種の人間の存在である。同じ左派でも教条的かつ偏狭、暴力的で反社会性のある一党の存在は検知されており、山口氏の言う口当たりのよい「社会民主主義」の一部にこれがいたというのであれば、まだ自民を支持する方がマシである。
その点、山口氏らはこれら「教条的左派、極左」と明確に決別したようには見えない。むしろ利用できるなら利用する的なニュアンスさえある(最新のコメント)。ネトウヨが安保時代の極左学生の蛮行(日本赤軍)など引き合いに出し、いわゆる大衆の恐怖心を呼び起こしていることを見れば(これがあったので年配者の多くは共産主義が嫌いである)、匿名希望に限らず、その粛清は彼らの仕事だろう。」(←全くとして意味不明瞭で意味が取れない腕の悪い単に何が言いたいかよく解らない記号の集積としか言えない悪文)
と言って私を粛清の対象にしているのはどうなんだろうね。(この腕の悪い事による訳の解らない内容の文脈から言えば粛清は血の粛清と言える)
平たく言えばこれは私をブッ殺せ、私に死ねと言っているに等しい。
「…」は死ねという記号さえ使わなかったら実質その意味があっても構わないんでしょうか?
ちなみに私は命かけろだなんてどーとかは喚かないですがね。
2016/05/16 4:44 AM, 匿名希望 wrote:
小林某による私への記号の羅列を見ても私への罵詈雑言、貶し、侮辱、差別、ネガティブキャンペーン、(碌でもない)自身の優位を血眼になってでも表出願望剥き出しの汚物にまみれた記号ゴミ廃屋のような物体には何の意味内容があるんでしょうね?(言語による意味内容は二の次、三の次、四の次。元々こ奴の文章はジャンク文章でしょうけど)
これは文章が解りやすい/解りにくい以前の問題ではないかと。
2016/05/16 8:10 AM, 匿名希望 wrote:
小林某というのも一回、知能検査、精神鑑定、人格テストを受けたら、もしかして結果が、検査員も吹き出す程知能が低くて検出不能、精神破綻、人格破壊だったりして。
2016/05/16 8:14 AM, 匿名希望 wrote:
小林某は「オレが、オレが」と言いながら「透明になっていく自分」になって、もう現れなくなるだろうし、歴史から消されて行くんだろうな。
2016/05/16 11:40 AM, 小林 昭人 wrote:
知能検査は知らないが

 昨日は20くらいのはずだったが、要領の悪い匿名希望のこと、またぞろコメントが増えて40を超えてしまったらしい。

 そんなに私の悪口を書く内容があるのかと思うが、自己正当化と私への中傷に終始する文章を見て、そもそも私の悪口を最初に書いたのはオマエだろ(笑)と言いたくなる。意味なく他人を勝手に誹謗中傷する人間がやれ差別だの殺人的コメントだのちゃんちゃらおかしい。

 挙句は私の親まで憎悪の対象らしく、上のコメントでは知能検査がどうだのそもそも人間として問題があるようなことが書かれている。これまで見る所、人間性に問題があるのは私ではなくむしろ匿名の方だと思うが。

>小林某というのも一回、知能検査、精神鑑定、人格テストを受けたら、もしかして結果が、検査員も吹き出す程知能が低くて検出不能、精神破綻、人格破壊だったりして。

 機会があったらぜひ受けてみたいものだ。が、つい先日運転免許センターで適性テストを受ける機会があった。テストの結果はほぼ満点。参加者の中では最高点で、ソフトに仕掛けられたありとあらゆる交通トラップを予見してかわし、ソフト作成者の企図を先読みして安全運転した結果は検査官に「(検査にならないので)もう少しお手柔らかにやってくれ」と言われたほど。知能が低ければこの結果はあるまいなあ。

>この腕の悪い事による訳の解らない内容の文脈

 と、読めるのは匿名に読解力がないからで、挙げた文中にはそもそも「匿名はマンガ」と書いているので、言いたげなことは別にあり、別に匿名の抹殺なんざ真面目に考えていないことは普通に読めば分かると思うがな。

>小林某は「オレが、オレが」と言いながら「透明になっていく自分」になって、もう現れなくなるだろうし

 匿名は少しはマトモな書き込みはないのかと昨今の書き込みを読んだが、書く気が無くなりフェードアウトはむしろこれのように思える。見ると匿名希望の文章の中身というのは、これは世情に流されているだけで、主体性なく右に寄ったり左に寄ったりのそれで、山口二郎の掲示板に出没するのも、これはアイデンティティ喪失を恐れるゆえの惰性と見える。

 どこかで同義反復されたばかりの文章をそのまま自分の考えとするのは主体性のなさの現れだし、多分この人物には意見と言える意見もそもそも無いのだろう。

>生命尊重

 テンテケさんの問題提起だが、これについてはこちらも意見はある。「生命尊重」が現代社会の共通思想になっているから、匿名が「シネシネ」と言うのは非常識なのだということだが、私自身はこれは生命尊重や現代立憲主義の考えを用いるまでもなく説明できると思っている。

 そういう私の見方からすれば、匿名は引用する西尾や三島が生命軽視の発言をしているから、自己の発言が許容されるのだとしているが、それはそういうものではなく、挙げた者も発言のインモラル性は自覚していたと思われることから、匿名の発言はそれらとも離れた異質なもの、そもそもの次元が違うものと考えている。

 私に言わせれば匿名のこの発言は「匿名希望」などという卑劣な自己欺瞞の背後にある、この人物のリアリティ喪失の一表象で、そもそもの最初の書き込みからして自分と他者との距離感を把握できない、生命尊重の倫理以前のこの人物の幼児性、自己中心性を表すものにすぎず、これはそれ以上でも以下でもないということになる。

 仮名を用いるにしても、用いたら用いたなりにもう少し有用なことを言ってもらいたいものである。飾りが飾りとして見えすぎてしまい、そこに垣間見える脆弱な精神、当の自分のお粗末さに気づかないのが、この人物の悲劇であり、気の毒なところと言えるだろう。

>ああいうのとは対話が成立しません

 これまでの発言を見返してみて、人と対話できるような精神状態の発言か考えてみるといい。他人の反応を予期できず、言い分も咀嚼できず、癇に障れば逆上してあることないこと誹謗中傷する様子では、対話が成立しないのは私ではなく自分のせいだと分かることだろう。

>運転テスト

 不幸にして私の場合はスピード違反だったが、一連の発言を見て匿名にこのテストを受けさせれば面白いとは思った。周りの見えないコイツのこと、たぶん最初の10秒でオバーサンを轢き殺し、次は自転車を跳ね飛ばして採点不能なのは分かり切ったことで、失格なのは自分じゃなく機械が悪いとののしる姿が目に浮かぶようだ。ああそうか、そもそも運転免許持っていないんだった。

 では、続きも頑張ってくれたまえ。
2016/05/16 4:16 PM, 匿名希望 wrote:
「ネトウヨが安保時代の極左学生の蛮行(日本赤軍)など引き合いに出し、いわゆる大衆の恐怖心を呼び起こしていることを見れば(これがあったので年配者の多くは共産主義が嫌いである)、匿名希望に限らず、その粛清は彼らの仕事だろう。」ご本人(と極少数)しか普通に読んで解らない内容について、特に「匿名希望に限らず、その粛清は彼らの仕事だろう。」とはなんでしょうか?
何故私と粛清が近くにあるんでしょうか?
2016/05/16 6:04 PM, 小林 昭人 wrote:
質問する権利があるのかね(匿名)

 つい先ほどまで人に向かって死ねだの知性低いだのとやっていた人間が何を言っているのかね?


>「匿名希望に限らず、その粛清は彼らの仕事だろう。」とはなんでしょうか

 「粛正」ではなく、「粛清」と書いたのはこの文章に挙げられた人間との関係を断て、あるいは抹殺しろという意味。文章の名宛人は匿名希望ではなく山口二郎であり、それは氏が最新の「庶民感情と民主政治」というコラムで庶民感情の利用について触れていること、また、以前の発言で「保育園落ちた」ブログにつき、内容よりその表現につき評価をしていたことを指している。

 政治運動が扇動や暴力的表現を許容し、奸計も政治目的達成の手段とする、なりふり構わないものであれば、それはかつての極左運動家に通じるものであり、すでに先の政権で公約を破った民主党がさらに卑劣な手段を取ることを認めるのかというのかというのが文意である。

 私はそういう扇動を支持できないし、ネトウヨまがいの裏工作を民主党が用いることは間違いだと思っている。その辺につき、山口氏がどこまでの手段を許容しているのか明らかでないため、持って回った言い回しの文章を書いている。

 そういうことであれば、文中にある匿名希望など刺身のツマにすぎない。極左運動家同様、十把一絡げに片づけてしまって全然構わないくらいのものだ。見るところ善良な市民というにはほど遠い、この匿名の質悪発言をアク禁にもせずいつまでも放置していること自体、氏が同様に極論をものする偏屈な、古い活動家と繋がりがあると疑われても仕方のない外観である。

 が、匿名の処分など私にとっては雑音も同じ、どうでも良いものでもあるので、ご好意半分についでに書いてやったというのが、一応匿名に対する応答にはなるだろう。


>その他

 匿名の発言については、私の方にも質問がある。上にある、私が「訂正してくれ」と書いたオマエの諸発言(範囲は見れば分かる)、文体や内容がらしくなく、別人が疑われる。

 これについてはどちらの考えを取っても私の損にはならず、

「本人の発言である」 匿名希望は言に詰まると相手に死ねと言い、相手の家系まで呪い狂う錯乱体質である。

 でも、私は困らないし。

「別人の発言である」 匿名希望は成りすましと分かっているが、自分に都合の良い発言は否定せずに中傷に利用する卑劣漢である。

 のどちらでも私は困らない。どちらとしてもロクなものではないので、私は困らないが、誤解されればそちらが困るだろうと親切心から指摘した。

2016/05/16 7:06 PM, 匿名希望 wrote:
画面がバグったのか(ママの子宮からの)想像界からの薄気味悪い妄想か連合弛緩かによる答えになっていないが、つまり私がアク禁も含めて粛清されても構わない訳だ。
まぁ、こ奴が生きようが死のうが構わないが、なるべく社会的、非業の生物的抹殺されて不幸(というこ奴にとってはお恵み)が降りかかるといいなと祈りたくなる。私に生きる希望が沸いてくるし。
ただし、こ奴が容喙したのは私が「…」に対しての文章で相手は「…」である。
お前のレスポンスは要らない余計で無駄で公害。
2016/05/16 8:20 PM, 小林 昭人 wrote:
オマエ文字読めないんじゃないの?


 あきれて物も言えない。


>お前のレスポンスは要らない余計で無駄で公害

 対象になっているのは私の文章だし、私が著作権を手放したとしても人格権はある。当然応答する権利はあるわけで、気にしているようだから応答してやったまで、「対話が成り立たない」なんて言っている相手に応答する義務も本来ないけどな。この場合、応答は私の権利なので。


>こ奴が容喙したのは私が「…」に対しての文章で相手は「…」である。

 バカはすぐ人に影響されるよね、私のは文意からして相手が匿名でないと読める文章だと思うけど、オマエの上の書き込みは文章技術的にも名宛人がテンテケさんとは読めないよ。「ご本人(と極少数)しか普通に読んで解らない」文章を書いているのはオマエじゃないか。

 まったく、書けば書くほど馬脚をあらわすねえ、それと先にも指摘したが、私が「成りすまし」を疑っている文章につきオマエは返答をしてない。返答がなければ上記1(精神錯乱のキチガイ)と私は勝手にみなすことにするし、以降そのように扱うこととするが、これも見れば明らかなので、応対はあまり変わらんかもしれないな。

 それにしても40いくつもコメントを費やして、余分な悪口以外まともな内容をほとんど書けんとは、オマエが「(ママの子宮からの)想像界からの薄気味悪い妄想か連合弛緩」な奴なんてことは、今さらありきたりすぎて、書くに値しないよ。

 人が「名宛人」と書いたら直近のコメントで「〜対しての文章で」なんて同義反復して言い訳に利用するのは、底の浅いあさはかな応答の仕方で、まずはそういう簡単なレトリックに引っかかることを止めたら?

 気持ちに余裕がないと、猿真似しても気づかない。匿名クンはどんどん高邁な自分の自画像から離れていくねえ(笑)。気づかないのは本人ばかり、哀れ。

 それにしても無意義だ。

2016/05/16 8:36 PM, 匿名希望 wrote:
私は答えないが答えも含めて答えは出尽くし小林某に答えましたし答えるは私の決める事です。以上。
2016/05/16 8:50 PM, … wrote:
匿名っちがアタシとは関わりたくないって言うから、もう匿名っちのことはそっとしておいてあげようと思っていたんだけど、

>こ奴が容喙したのは私が「…」 に対しての文章で相手は「…」である

ということで、つまり小林っちが回答した質問は本来アタシが回答すべきものだったらしいから、回答しておくネ。

ええと、質問は、、まず

>「…」は死ねという記号さえ使わなかったら実質その意味があっても構わないんでしょうか?

ということネ?ウン、これはズバリ結論から言うと答えはNO。構わないとは思わないョ、もちろん。だけど、匿名っちが摘示する小林っちの文章が、匿名っちの言うとおり「実質死ねという意味がある」かと言えば、ないとアタシは思う。

理由はふたつあって、その第一は、北朝鮮や日本赤軍以外においては、粛清という語は“kill”つまり殺害という意味には用いられておらず、本来の原義である“purge”すなわち追放・放逐という意味で使われており、書いた当人もその本来の原義で使用していると認めていること。第二は、小林っちの論述の趣旨から考えて、匿名っちへの言及は主要なテーマと関係ないただのオマケとみるのが妥当と思われるところ、書いた当人も「匿名希望など刺身のツマ」と認めていること。

以上のようなわけで、小林っちの文章が匿名っちに対する「実質死ねという意味を持つもの」であるとはいえないから、死ねという文言を使うことと同一視はできないということになる。







2016/05/16 9:09 PM, 匿名希望 wrote:
「…」へ。
小林某の「文中にある匿名希望など刺身のツマにすぎない。極左運動家同様、十把一絡げに片づけてしまって全然構わないくらいのものだ。見るところ善良な市民というにはほど遠い、この匿名の質悪発言をアク禁にもせずいつまでも放置していること自体、氏が同様に極論をものする偏屈な、古い活動家と繋がりがあると疑われても仕方のない外観である。」
について「文中にある匿名希望など刺身のツマにすぎない。極左運動家『同様、十把一絡げに粛清しまって全然構わないくらいのものだ。』」により「小林っちの文章が匿名っちに対する「実質死ねという意味を持つもの」であるとはいえるから死ねという文言を使うことと同一視はできるということになる」と言えるのではないか。
「刺身のツマと同様」(私)は「十把一絡げに粛清しまって全然構わないくらいのものだ。」、「十把一絡げに片づけてしまって全然構わないくらいのものだ。」とは?
ちなみに十把一絡げの意味は「どれもこれもあまり価値のないものとして、多数をひとまとめに扱うこと。また、何もかも一緒くたにして扱うこと。」という事は「刺身のツマと同様」(私)は「ひとまとめに扱うこと。また、何もかも一緒くたにして粛清しまって全然構わないくらいのものだ。」、「多数をひとまとめに扱うこと。また、何もかも一緒くたにしてに片づけてしまって全然構わないくらいのものだ。」という事になる。
2016/05/16 9:11 PM, 匿名希望 wrote:
お願いだから「…」には低レベル反論しないでくれと言いませんでしたか?
2016/05/16 10:42 PM, … wrote:
それからまだあったワネ

>何故私と粛清が近くにあるんでしょうか
>ご本人(と極少数)しか普通に読んで解らない内容

ウーン、小林っちの文章が難解で、なぜ自分を粛清という文言の近くに置くのかわからない、ということネ?

そんなに難解かなァ?アタシにとってはそんなことないんだけどネェ。でもどっか難解なところがあるか改めて何回も読み直してみると、確かにところどころ晦渋な用語や生硬な表現が散見されるワネ。その点をもっと平易でくだけた表現にすると匿名っちにも意味内容が腑に落ちると思うから、ちょっと小林っちの論述をその趣旨を損ねないようリライトしてみるネ。いいよネ、小林っち?

匿名っちの摘示した部分の小林っちの論述、平易バージョンは以下の通り。

少し前にも書いたけどサ、匿名っちって左派でしょ。だって山口センセに反発するようなこと書きながらも、言い分がネトウヨぽくないもん。

だけど、こういった左派は左派でも教条的で偏狭なタイプ、あるいは暴力的で反社会的なタイプが山口センセの「民進党」にいると、支持するのをためらっちゃうんだヨネ。だって、確かに山口センセは「社会民主主義」とか美味しそうなこと言ってはいるけど、その美味しそうなものの中にこういった極左の連中が紛れ込んでいたら、味が台無しになっちゃうもの。てか、アタシ吐いちゃうかも。それくらいならまだ自民のほうがマシだワ。

それに、山口センセはどうも山口センセはこれら極左・教条的左派と明確に決別したようには見えないしネ。っていうか、最近のセンセのブログ記事を読むと、むしろ「極左だろうがなんだろうが政権奪取に利用できるものは何でも利用してやる」気マンマンに見えるのヨ。

だけどそれはマズいとアタシは思う。だってそんなことすれば、ネトウヨが安保時代の極左学生の暴力事件とか持ち出して、共産主義にアレルギー持ってる有権者の恐怖を煽るのに利用してくるのに決まってるもの。

なのでアタシとしては、山口センセはこういった極左の連中をサッサと追い出して、キッパリと袂を分かつべきだと思うワ。

小林っちの言ってることはだいたいこんな感じだヨ。で、極左とキッパリ決別するのと同時に「オマケに匿名っちとも決別するとなおよろし」と言ってるワケ。

これで了解できたかな?









2016/05/16 10:58 PM, 匿名希望 wrote:
「…」の詭弁もいい加減にしてほしい。
「ネトウヨが安保時代の極左学生の蛮行(日本赤軍)など引き合いに出し、いわゆる大衆の恐怖心を呼び起こしていることを見れば(これがあったので年配者の多くは共産主義が嫌いである)、『匿名希望に限らず、その粛清は彼らの仕事だろう。』」
これが山口氏に対して云々より私が「粛清」(後であ奴は抹殺の意味と認めた)されている事が望まれている事を小林某が書いた訳です。
「…」に言った事はこの点であり、粛清(抹殺)を望む(依頼する)のは人に死ねと言っているのと同様かどうかです。
論理がお好きなら自身が詭弁に陥らないように。
2016/05/16 10:59 PM, 匿名希望 wrote:
小林っちの言ってることはだいたいこんな感じだヨ。で、極左とキッパリ粛清(抹殺)するのと同時に「オマケに匿名っちとも粛清(抹殺)するとなおよろし」と言ってるワケ。
2016/05/16 11:06 PM, … wrote:
>低レベル反論しないでくれ

反論してないヨ。アタシの考えを尋ねられたと思ったから、正直に自分の考えを答えただけだヨ。匿名っちはアタシがどう考えるか本当のことを知りたかったんじゃないの?それとも自分の気に入る嘘の答えを期待していたの?

2016/05/16 11:10 PM, 匿名希望 wrote:
ちなみに殺人(粛清・抹殺)には嘱託殺人(粛清・抹殺)もあるんですよ。「…」は「書いた当人も「匿名希望など刺身のツマ」と認めていること。以上のようなわけで、小林っちの文章が匿名っちに対する「実質死ねという意味を持つもの」であるとはいえないから、死ねという文言を使うことと同一視はできないということになる。」であ奴が私に粛清・抹殺を望んでいる事(「刺身のツマ」である私が極左運動家同様、十把一絡げに片づけてしまって全然構わないくらいのものだ。)を意図的に外し、今度は粛清・抹殺を決別と勝手に不適切に言い換える。
「…」は言葉を使う資格はない。
2016/05/16 11:16 PM, 匿名希望 wrote:
「…」は私が死ねと言っている事を散々と言葉狩りに近い形で追及した。
ならば実質私に死ねと言っている(粛清・抹殺)「はずの」同様の小林某にはなぜ「…」は追及しないのか?
「…」は不公平である。
2016/05/16 11:24 PM, … wrote:
小林っちもなんで「抹殺」とか語弊のある言葉を使うかなァ?

あのサ、匿名っち。小林っちが抹殺と言ってもホントに山口センセに極左の殺害を期待してるワケないでしょ?

007カジノロワイヤルじゃあるまいし、小林っちが山口センセにホントの殺人を教唆するわけないジャン?抹殺って、もちろん民進党で極左連中が活動したりできなくなるように、連中を追放せよ、って言ってるだけだヨ

じゃお休み
2016/05/16 11:33 PM, 匿名希望 wrote:
「…」はでは私が「…」に(内心は「…」死ななくてもいいと思っているのに)「死ね」と言っていいのか?
「…」が追及したら私は「ホントに私が「…」の死を期待してるワケないでしょ?」、「壮絶いじめじゃあるまいし、私が「…」にホントの死を望む訳ないジャン?死ねって、オレ「…」にチョ〜ムカついたって言ってるだけだヨ」と言えばいいんですか?
じゃあ私は「…」には私が「…」に(内心は「…」死ななくてもいいと思っている場合)「死ね」と言っていいんですね?
2016/05/16 11:40 PM, 匿名希望 wrote:
じゃあ小林某が私を粛清・抹殺という記号ではなく「死ね」と言った場合「ホントに山口センセに極左の殺害を期待してるワケないでしょ?」、「007カジノロワイヤルじゃあるまいし、小林っちが山口センセにホントの殺人を教唆するわけないジャン?抹殺って、もちろん民進党で極左連中が活動したりできなくなるように、連中を追放せよ、って言ってるだけだヨ」と言うんですか?「…」は不公平である。じゃあ私は死ねと言ったら「…」の追及が来て「粛清・抹殺」と言った場合、「匿名がホントに殺害を期待してるワケないでしょ?」、「007カジノロワイヤルじゃあるまいし、匿名ちが殺人を教唆するわけないジャン?抹殺って、もちろんこのサイトで小林某が活動したりできなくなるように、小林某を追放せよ、って言ってるだけだヨ」と言うんですか?(そうではないですよね、「…」は散々私を追及したんですから)
2016/05/16 11:50 PM, 匿名希望 wrote:
「…」は小林某に期待とか何とかで甘く歪曲解釈、意図的隠蔽、勝手な言い換え、謀略的牽強付会を繰り広げる訳です。
だから私は「…」が嫌いなんです。「…」が散々私を追及した「あの記号」を浴びせてやりたくなります。
2016/05/17 12:32 AM, 匿名希望 wrote:
「…」へ。
小林某が私を悪魔視して党派的文脈、右翼文脈で粛清を使った場合、それは血の粛清、抹殺の可能性がある訳です。
ちゃんと小林某は粛清を抹殺と認めて訳ですよ。
2016/05/17 12:57 AM, 小林 昭人 wrote:
所詮身から出たサビ


>生命尊重

 どうも見るところ、匿名希望は私の文章を読んで、私が匿名を殺すとか、生物学的死を与える意図があるとおぞけているらしい。あの程度の書き込みでどうしてそこまで怯えるのか理解に苦しむが、それこそ杞憂というものだろう。

 が、匿名があれこれ怯えるのも分からん話ではない。人が殺人、あるいは殺人を示唆する言葉を忌避するのは、別に人権思想や現代立憲主義によるものではなく、この規範はそれ以前から堅固なものとしてあるからだ。それは「殺せば殺される」というもので、この場合における「人を殺すのは良くない」という問いの答えは「(人を殺せば)自分や自分の家族が殺される」という同害報復の原理であって、そこに生命尊重の意味があるわけではない。

 この規範は近代人としての訓練に乏しい人間、法や人権思想につき特段詳しくない人間にはいまだに意味を持つ。近代法は応報の原理を後退させ、身体的私刑より金銭による賠償を主なものとするが、元は復讐の体系であり、その積み重ねた歴史の差から、遅れた人間にはより実感あるものとして身についているのである。

 なので、匿名希望が私に向かって死ねと言ったり、挙句の果ては私の家族まで呪うのは、裏を返せばこの人物の教養の不足であり、因習的感情に支配されているメンタリティの現れであり、報復を恐れる感情と裏腹に安易に人の死を願う残忍性が並立しうるのは、この人物の地に足が付かないリアリティのなさ、日常生活における社会的接触の少なさを示すものである。少なくとも現代日本において高等教育まで受けた人間なら、たとえ険悪な関係になっても、問題を相手の家族まで拡大はしない。


>粛清

 粛清(purgation)という言葉が単に集団からの追放を指すのか、処刑も含む不平分子の抹殺まで含むのかは、その言葉が用いられる集団の性格を考慮しなければ一概には決めがたい。民主党の場合、旧社会党を含む左派勢力が一定の割合でおり、このサイトの山口氏も左派の論客であることから、極左を含む共産主義勢力との繋がりは全くないとは言えず、彼を含む集団の性格をどう規定するかでこの言葉の意味は変わってくる。

 だから、集団の性格をどう観念するか、性格を観念できない段階では意味は広めにとる必要があり、単なる断交から、実力を用いた強制的排除を含むニュアンスで「抹殺」まで含むのが適当となる。集団からの追放と浄化が我々の社会通念からして、殺害までは伴わないものの、より想像を絶する方法に発展する可能性もあるからだ。

 もっとも、現代では共産党でも民主党でも私刑や殺害まで含む粛清は行われておらず、せいぜいが党員証の書き換え拒否か除名くらいで、ここは現代日本なのであるから、いくら私が粛清などと書いたとしても、相手があの民主党である限り、匿名希望がおぞけているような中世的惨劇は願っても起きようがないということになるし、そのくらいの常識は読み手に期待しても良いだろう。粛清を個人の抹殺まで含む意味で行っているのは現代ではどこかの独裁国かイスラム過激派、北朝鮮か新人民軍くらいのものである。

 というわけで、書いた本人が意味を広めに取っている。それは匿名希望を念頭に置いたものではなく、山口氏と彼の周囲にいる人物の性格を考慮して書いている。私の常識としては、彼らは日本赤軍まがいの蛮行はしないと思うが、より陰険な方法でライバルの排除はしそうな感じである。「粛清」という言葉も共産党を除く他の政治勢力よりは日常的に使いそうであるし、その辺のニュアンスも含めて書いている。相手が自民党ならば、私も粛清などという言葉は用いなかったに違いない。

 なので、「粛清=殺害」としか観念できない匿名希望のような読み方は私には考慮の外である。意味が定まっていないものを一義的に解釈する必要はそもそもなく、匿名が好んでそういう読み方をするならば、それは「誤解」ないし「曲解」と言うべきものだろう。

 匿名が私の「抹殺」をことさらに取り上げ恐れるのは、その原因は私にはなく、彼の低い教養と中世的陋習によるものである。彼は時たま難解な言葉を用いるが、それは真の教養から出たものではなく、相手を折伏し屈服させようという歪んだ利己心のためのアクセサリーのようなものである。

 こういう人物にはおよそまっとうな見識洞察は期待できない。白は黒としか見えず、黒は白としか見えない。公平さは期待できず、聡明さを示すこともない。これまでの発言で明らかであるが、彼とはどんな人間であるかを軽く観察すれば、せいぜいがこんなものである。
2016/05/17 1:31 AM, 匿名希望 wrote:
お前だろ?私を恐れてるのは。
私は楽しいけどな。
2016/05/17 1:33 AM, 匿名希望 wrote:
小林某、働け。
いつまでもあると思うな親と金。
こ奴が働くのと今すぐも含め寿命が尽きるのはどちらが先か?
2016/05/17 2:17 AM, 匿名希望 wrote:
匿名があれこれ怯えるのも分からん話ではない。(←怯えてないぞ、私は楽しいのだ)人が殺人、あるいは殺人を示唆する言葉を忌避するのは、別に人権思想や現代立憲主義によるものではなく、この規範はそれ以前から堅固なものとしてあるからだ。それは「殺せば殺される」というもので、この場合における「人を殺すのは良くない」(←お前以外の奴に関して)という問いの答えは「(人を殺せば)自分や自分の家族が殺される」という同害報復の原理であって(←お前ら一味以外に関して)、そこに生命尊重の意味があるわけではない。
この規範は近代人としての訓練に乏しい人間、法や人権思想につき特段詳しくない人間(←私はお前より詳しいだから人権絶対主義を批判している)にはいまだに意味を持つ。近代法は応報の原理を後退させ、身体的私刑より金銭による賠償を主なものとするが元は復讐の体系であり、その積み重ねた歴史の差から、遅れた人間にはより実感あるものとして身についているのである。」
近代法は元は復讐の体系ではありません(それか復讐の体系かどうかは議論があるの)。復讐した奴も罪ですしそれが罪刑法定主義。
これ凄く差別じゃない?お前は野蛮だ、遅れてる、人権ないって。この人(の形したゴミ)、道徳(自身の欲せざる所人にするなかれという黄金律)と法を間違えてるね。黄金律は金メッキの律と言ってアマリあてにならないの、なぜならば私はお前じゃないから。
要するにこういう道徳や人権守れない(としている)お前は野蛮だ、遅れてる、人権ないって。(これが人権による人権抑圧。ヒューマニズムはカニバリズム。「…」さん解った?)じゃあ私もお前にしてやろう道徳・人権を喚く近代理性以外ない頭のイカれた狂った人間の形した悪魔に聖歌を歌いながらその悪魔があげる断末魔を聞けば世界の福音と思い、滅ぶのを歓喜してやろう。お前は悪魔だ、近代理性以外ない割にはその近代理性は遅れた水準の精神薄弱生ゴミ、人権なぞない、死ね。(燃やせばダイオキシンが充満しそう、この人生全てが公害な奴めが) 親(の母乳と金)にたかり山口のサイトにたかるハイエナがライオンに死ねと言って即やられた画像を見た事があった。
2016/05/17 2:36 AM, 匿名希望 wrote:
小林某という低水準近代理性以外ない精神遅滞・薄弱気違い、人権・道徳喚く犯罪予備軍、人に危害を加える事以外は不可能な危険人物、言論(らしき記号をぶつける)テロリストがいる。
2016/05/17 5:23 AM, 匿名希望 wrote:
小林某は低能による成績中途半端によるポストモダン的言い逃れ自爆寸前、あっ何回も自爆したか。じゃあ死ね。
2016/05/17 5:27 AM, 匿名希望 wrote:
小林某の論法はAと言って都合が悪くなるとAではないと言って「お前はAと言ったじゃないかと言う」人に教養度が低いと言う。
2016/05/17 5:31 AM, 匿名希望 wrote:
私に下手糞な見え透いた挑発をしてけしかけようとか何とかの戦略とかどーとかの小手先の事をすると「本当に命をかけてもらう事になりますよ。」
2016/05/17 6:31 AM, 匿名希望 wrote:
「…」さんへ。
小林某の文章は難解という高尚な概念ではなく、腕が悪く画面のバグりか暗号かと思える、表面上意味があったとしても全体として本質・実質は無意味で何が言いたいかよく解らなずこんな文章のような物は無いほうがいい、論理破綻している。むしろ無能者による自己愛性の表現病理(自己は無能だという事を充血眼になって不屈の闘志で太陽のように熱く燃え盛る鉄の意志をもってガナリたてる)だとは言えますが。
2016/05/17 10:17 AM, 小林 昭人 wrote:
どうも一晩中頭に来ていたらしく


 ひい、ふう、、みいと、昨夜に私が書いてからコメント8つか。いつもの匿名無限ループだが、私とかテンテケさんとかは差し障りがない程度に適当に相手してるけど、負けを認めたくない匿名は「必死だな」で言い逃れに終始するので、これは詰まない千日手。

 まあ、主導権はこちらにあって、いつも適当な所で手を引くのだけどね。とりあえず、一番長そうなコメントを見るとこれはまあ、返答になってないわな。「元は復讐の〜」の文章が分かり難かったようだが、これは私が不親切で「(法の)元は復讐の〜」と補完すれば良いだけの話だろう。文意からして近代の立憲主義や人権思想の話をしているのではないことは、普通に読めば分かるわな。私がもう少し広い枠で話をしていることは文意から明らか。

 匿名は読めば自分が私よりその方面では知識あると豪語しているけど、私が問題にしているのは、そう言う彼の行動が主張と一致していないことなのよね。知識のある人間ならば口論で相手の親族を巻き込むことはないし、コメント中にあるように「お前ら一味以外に関して」と原理原則に対しては、簡単に例外を認めたりしないものだからだ。

 だから、匿名希望という人間の本質を捉えるには、法や哲学の高邁な理論を持ち出すよりも、むしろ彼の言う道徳、もっとプリミティブで遅れたフォーマットで説明する方が分かりやすい。そしてその試みは今のところ現象をより良く説明しているように思える。

 テンテケさんが生命尊重は現代社会の基本原理とのたまったとしても、現在の社会を構成する原理にも原則にもこの人物は敬意も尊重もないのであるから、これは蚊が刺すほどにも感じないし、現に反応もそのようになっている。

 つまり、匿名希望という人間は元はごく低い知性人格の人間に、たぶんヤフオクか何かで仕入れたであろう質の悪いネトウヨ本や学者の放言集から得た知識で武装した人間に過ぎず、その核心はえらく古びた因習や迷信に凝り固まっており、知識はそれを補強するアクセサリーにすぎない人間と見るのが、今のところ正しいことになる。知識が教養のレベルになっていないのだから、その非常識な発言を非難されても本人には何を非難されているか分からず、これは蛙の面に水である。


>頭のイカれた狂った人間の形した悪魔に聖歌を歌い云々

 例えば大学の教師と学生のように、知的水準に格段の差があり、しかも感情的にこじれてしまった場合、別に大学でなくても良いが、低い方が手近な言説をまとめて投げつけるということは知性の発達段階ではありがちな話である。指導者にはそれを受け止め導く力量が必要であり、放言は無罪放免とするくらいの度量が必要であるが、放言する側にも問題がある。例えば大学あたりだと、そもそもそういう資質を備えていない教育者も少なくなく、この場合はすれ違いは空振りに終わってしまい、単に不幸な出会いであったということになりがちである。

 これは大学に限らず、初中等教育機関でも起きがちな話だと思うが、教員が乱雑な言葉の背後にある良質な資質を見抜き、根気よく接したならば、それが良い弟子であり友になることも、また、現実としてあるものであるし、私も例を見ているものである。どうも見る所、教授業とは教員と生徒の間にある人格的接触であり、単に知識を口授するだけで達成できるほど容易なものではないようだ。


>山口教授の場合

 この人物の場合、すでに齢60に近く、この年齢の教育者ならばもっと多くの弟子がいても良さそうなものである。が、山口氏が指導した学者というのは寡聞にして聞かないし、おそらくいないのだろう。それは氏に教育者としての資質が無いからで(大学教員の多くは自分は教育者ではなく研究者と自己規定している)、これが山口政治学の拡がりをひどく狭めてしまっていることは否定できない。

 が、一概に悪いことばかりとは言い切れない。本来ならば学部長を務めて退官するはずが、より早い年齢で本務校を離れた氏の場合、正規の後継者はいなくても、東京に行き、SEALDsの学生と触れ合う姿にはこれまでになかったものを感じることがある。北海道大学では成し得なかった政治学者としての衣鉢の継承は、講演する彼の姿を見、国会前に共に集った若者たちがそれを見ており、若者に対する氏の情熱は氏が後継者を得られなかったからこそあるものだと感銘を受けるものである。並の大学教授では、おそらく氏のように行動し、振る舞えはすまい。雨中の国会前のそれは、まさに教育の極意である、師と弟子を通じた人格的接触と言えるものである。

 だからと言って匿名の暴言を私が無条件に認めるというものではないが。
2016/05/17 9:50 PM, … wrote:
Hi! 小林っち!

>生命尊重は現代社会の基本原理

そうそう、ソレなの!アタシの言いたかったことは。口下手なアタシ(笑)の稚拙な表現をこんなにも的確かつ簡潔明瞭にまとめてくれて、ホントに嬉しいワ。だってこんなに的確な要約は、アタシの記述の不十分な点を洞察で補って、その内容を正確に読解しないと決してできないことだもん。

ところで、

>同害報復原理

だけど、確かにアタシたちが「他者を殺さない」のは、「殺せば殺される」という同害報復原理で説明ができると言うのは、その通りと思うけれど、単に「人を殺さない」という消極な態度のみには留まらず、さらに進んで「人名を救助する」という積極な姿勢は同害報復では説明できないんじゃないカシラ?

だって、路上で他人に「死ね」と迫っている者を見かけたら、誰でも110番するでしょ?それに誰かが線路に落ちたら迷わず緊急停止ボタンを押すヨネ?誰かが路上に倒れていれば直ちに119番するヨネ?そうするのって、もちろん人命を危険から保護するためだヨネ?このように、別に通報しなくたって報復や処罰を受けるワケじゃないし、緊急停止ボタン押さなくたって何の咎めがあるワケでもないのに、それでもアタシたちが人命に対する危険を感じたらそうするのは、同害報復では説明できないと思うの。

説明できるとすれば、生命尊重の思想が基本原理として日本社会に根付いているからだ、という説明以外にはないんじゃないかなと。

そのように考えたのは、ずいぶん前にユーゴ内戦のドキュメンタリー映画を見たのがきっかけでネ。その当時の世相を映し出していたんだけど、それが異様なの。

まず、人が倒れていても誰も助けようとしないワケ。救急などの行政が十分機能していなかったということもあるんだろうけど、それにしても助けを呼ぶことすらしない。また、面前で犯罪が行われようとしてても通報もしない。われ先に逃げるだけ。そして人々は些細なことで争い、“Fuck you!”(あるいはそれに相当する語)が飛び交っても誰も意に介さないのヨ。

とにかく万事そういった調子で、世相が荒廃してるというか殺伐としてて、生命尊重もヘッタクレもあったもんじゃないワケ。それ見てアタシは、「日本も戦中、あるいは戦後直後はこうだったのかな」とか、「仮にそうだったとすると、単に年月の経過が日本社会に生命尊重の思想を回復させたんだろうか」とか考えてネ。それで「やっぱり平和憲法とそれに基づく左翼教育の成果という部分もあるんじゃないかな〜」と。

こういった思考が、先に匿名っちに宛てて書いたアタシの投稿の背景かな。









2016/05/17 10:09 PM, … wrote:
匿名っちは

>あなたとは関わりたくない

って言ってたのにこんなにたくさんアタシにお手紙くれるのはなぜ?アタシとしては関わりたくないという匿名っちの希望に応えて、そっとしておいてあげようと決めていたんだけど。

関わりたくないって発言は撤回するというコトかな?そうだと言うんならお返事するのはやぶさかではないけれど、いっぺんにこんなにたくさんお手紙もらっても、平日はそのすべてにお返事できないヨ。アタシ忙しいし、それに匿名っちが小林っちに死ね死ね言うのでゲンナリしてお返事書く意欲が起きないもん。

それに今日は小林っちにお手紙書いて時間切れになったから、今日はここまでネ。
2016/05/18 12:48 AM, 匿名希望 wrote:
「…」へ。 私は小林某のような人物とはなるべく相手したくない、その小林某のコメントに期待する「…」も小林某と類は友方式という事です。「…」が第三者(的)と言うなら私に「死ね」と言って追及した事は小林某にも実質同様な事があれば追及して欲しいのです。
では私が誰かを悪魔視して「お前消してやる」と言ったら消す=殺害とは辞書的にはすぐ言えないでしょうが、相手は消す=殺害と思うし、私もそう言われたらそう思います。
2016/05/18 1:16 AM, 小林 昭人 wrote:
生命尊重は、やや斜め上かもしれない


>同害報復では説明できないんじゃない

 確かに同害報復はプリミティブな法原理なので、これに他者救助の概念まで含むのは無理がある。たぶんテンテケさんは現代日本の法原理を念頭に置いており、生命尊重が他者救助を正当化する「法益」のレベルにあると考えているようだ。確かにこの考えならばテンテケさんが匿名の発言を非難する理由になるし、第三者として介入することも正当化できる。

 ただ、その後の匿名の応答を見てみると、どう見ても価値観を共有しているようには見えず、テンテケさんが深謀遠慮するような意味でこの言葉を用いていないことも見れば明らか。というわけで、こちらはテンテケさんとは違う(生命尊重という概念を介さない)理由付けを考えた。そもそも無遠慮に「死ね死ね」と言われているのはこの私だしね。

 それに匿名は中傷の合間に私の親まで誹謗している。いくら西尾が現代社会の基本原理にこの概念を置くことに批判的でも、この立場からさえ全く関係のない私の親族への攻撃を正当化する理由は出てこないと思う。

 とりあえず、テンテケさんが介入する理由としては生命尊重の議論がそのまま当てはまるし、説明になっていると思うけど、こと匿名の行動それ自体を説明するには、私の見方の方が適切だと思う。当事者としての立場から言えば、匿名に人権思想のありがたみを教育するより、非常識で暴言を吐くこの男の行動原理を読み解いて掣肘する方がより現実的でもある。どちらが正しいということはなく、これは見方の次元が違う。

 なので、

>説明できるとすれば、生命尊重の思想が基本原理として日本社会に根付いているからだ、という説明以外にはない

 というのは、こと挙げられた例においては、私も正しいと思う。


>日本社会に生命尊重の思想を回復

 この文章だと、テンテケさんは生命尊重の概念は元から日本にあったものと考えているように取れるけれども、この点に関しては私も匿名と同意見で、ことこの思想が重視されたのはやはり戦後、日本国憲法や国連の人権規約などが普及した後のことで、中世に同様の思想があったとしても、法体系の不備(やその他の理由)のため、テンテケさんの言う意味では存在できなかっただろうし、実際にも存在していなかったと思う。


>ユーゴ内戦のドキュメンタリー映画

 国際政治学には詳しくないので当て推量だが、ユーゴスラヴィアは多民族国家で、こういう国の場合、近代的な司法機関のほか、ムラ社会の慣習刑法も並立していることがある。日本で部分社会というと、これは中央集権の政府によってかなり縮退されており、せいぜいが生命身体や社会的地位に影響しない程度の自治が保障されているにすぎないけれども、ユーゴの場合はこれが国家司法同等の、かなり強い規範としてあったのではないかという見方もできる。

 ユーゴスラヴィアは近代国家だけども、そこの住民は国民であると同時にセルビアやクロアチアの部族社会の一員であり、規範と規範が対立した場合、後者が優先する状況(あるいは前者が不介入)があってもおかしくない。そして部族社会の規範というのは、ムラ社会がそうであるように慣習や掟に支配され、規範も共同体の維持が主で、しかも私刑が許容されたとあれば、近現代になって発達した人権思想が入り込む余地はあまり無かったかもしれない。


>面前で犯罪が行われようとしてても通報もしない

 件のドキュメンタリーを見たわけではないので、どういう状況かは分からないけれども、このような社会で、曲がりなりにも存在していた国家秩序が崩壊した状態で私刑や報復が横行することはありうる話。「人が倒れていても誰も助けようとしない」も、倒れていたのがセルビア人で、通りがかったのがクロアチア人なら、自分の属する共同体の掟が怖くて見捨てるということはあり得る。そして暴行が部族社会の私刑なら、判事もそれを見逃す。日本では考えられないが、アフリカなどではある。すでにお馴染みとなったインドの婦女暴行事件の例もある。

 ユーゴ内戦については私もニュースを見たけれども、セルビアによるエスニック・クレンジングは近年稀に見る蛮行であった。人間が人間に対してすることとは思えず、なぜこういう蛮行が行われたかについては、やはりユーゴという国のありようを(我々とは違ったものとして)分析する必要があると思う。匿名みたいに視野狭窄で、多様な見方のできない人間には、まず理解できない事柄だと思うけれども。これは国際政治学者の領分と言えるかも。

 見る所、匿名もかなりくたばったようだし、そろそろお開きにしますか(笑)。
2016/05/18 1:34 AM, 匿名希望 wrote:
実質的にくたばったのはお前だ。
形式的には別だが。
2016/05/18 6:48 AM, 匿名希望 wrote:
小林某への粛清・抹「殺」は正義である。
2016/05/18 6:50 AM, 匿名希望 wrote:
小林某は世間から抹「消」され「消」滅すべきである。
2016/05/18 6:52 AM, 匿名希望 wrote:
生命尊重自体をまずは尊重するとしても小林某の生命を尊重するかは疑問がある。
2016/05/18 6:58 AM, 匿名希望 wrote:
バカコンビ「…」と小林某は十把一絡げに粛清され、抹殺され、消滅し、抹消されるのは天罰覿面。
2016/05/18 7:01 AM, 匿名希望 wrote:
憲法に基本的人権の尊重とあるが小林某のチンケな最低野郎にも人権があるとは…。人権派よ、恥を知れ!
2016/05/18 7:04 AM, 匿名希望 wrote:
「…」へ。小林某が私を悪魔視して左翼党派的文脈(暴力査問と血の粛清という負の歴史がある)、右翼文脈(右翼は左翼を殺していいと言っていた)で粛清を使った場合、それは血の粛清、抹殺の可能性がある訳です。
ちゃんと小林某は粛清を抹殺と認めて訳ですよ。
2016/05/18 7:05 AM, 匿名希望 wrote:
「…」へ。 私は小林某のような人物とはなるべく相手したくない、その小林某のコメントに期待する「…」も小林某と類は友方式という事です。「…」が第三者(的)と言うなら私に「死ね」と言って追及した事は小林某にも実質「死ね」同様事があれば追及して欲しいのです。
2016/05/18 7:08 AM, 匿名希望 wrote:
小林某は社会的に死ね。
2016/05/18 9:49 AM, 匿名希望 wrote:
小林某の『「極左」運動家と同様の「刺身のツマに過ぎない私」とを「十把一絡げに」粛清・抹殺』の粛清・抹殺は血の粛清・抹殺と読める。
何故ならば「極左」運動家を凄まじく敵視した(「極左」だけではない)連中が「極左」運動家を血の粛清・抹殺をしたからです。その血の粛清・抹殺を「極左」運動家がした場合も多くある。(あさま山荘事件での総括という名においてリンチ殺人)
2016/05/18 1:43 PM, 匿名希望 wrote:
「『山口氏の「民進党」を支持するのに躊躇するのは、匿名はマンガとして、この種の人間の存在である。同じ左派でも教条的かつ偏狭、暴力的で反社会性のある一党の存在は検知されており、山口氏の言う口当たりのよい「社会民主主義」の一部にこれがいたというのであれば、まだ自民を支持する方がマシである。
山口氏らはこれら「教条的左派、極左」と明確に決別したようには見えない。むしろ利用できるなら利用する的なニュアンスさえある(最新のコメント)。』ネトウヨが安保時代の極左学生の蛮行(日本赤軍)など引き合いに出し、いわゆる大衆の恐怖心を呼び起こしていることを見れば(これがあったので年配者の多くは共産主義が嫌いである)、『匿名希望に限らず、その粛清は彼らの仕事だろう。』」、「文中にある『匿名希望など刺身のツマにすぎない。極左運動家同様、十把一絡げに片づけてしまって全然構わないくらいのものだ。』見るところ善良な市民というにはほど遠い、この匿名の質悪発言をアク禁にもせずいつまでも放置していること自体、氏が同様に極論をものする偏屈な、古い活動家と繋がりがあると疑われても仕方のない外観である。」、「というわけで、書いた本人が意味を広めに取っている。『それは匿名希望を念頭に置いたものではなく、山口氏と彼の周囲にいる人物の性格を考慮して書いている。』私の常識としては、彼らは日本赤軍まがいの蛮行はしないと思うが、より陰険な方法でライバルの排除はしそうな感じである。「粛清」という言葉も共産党を除く他の政治勢力よりは日常的に使いそうであるし、その辺のニュアンスも含めて書いている。相手が自民党ならば、私も粛清などという言葉は用いなかったに違いない。
」について特に『』の中の文章に注目すると「山口氏の「民進党」を支持するのに躊躇するのは、匿名はマンガとして、この種の人間の存在である。同じ左派でも教条的かつ偏狭、暴力的で反社会性のある一党の存在は検知されており、山口氏の言う口当たりのよい「社会民主主義」の一部にこれがいたというのであれば、まだ自民を支持する方がマシである。山口氏らはこれら「教条的左派、極左」と明確に決別したようには見えない。むしろ利用できるなら利用する的なニュアンスさえある(最新のコメント)。」、「匿名希望に限らず、その粛清は彼らの仕事だろう。」、「匿名希望など刺身のツマにすぎない。極左運動家同様、十把一絡げに片づけてしまって全然構わないくらいのものだ。」、「それは匿名希望を念頭に置いたものではなく、山口氏と彼の周囲にいる人物の性格を考慮して書いている。」
同じ人間が書いたとは思えない論理破綻が起きている。私は粛清・抹殺の対象になったりならなかったりしている。
小林某のAと言って都合が悪くなるとAではないと言って「お前はAと言ったじゃないかと言う」人に教養度が低いと言う論法(いや詭弁による牽強付会)はここでも生かされている。こ奴の言う粛清=抹殺(実は殺害)だが都合が悪くなると辞書的意味ではない、「意味は広めにとる必要があり」等としてよくそのような文脈で使われた粛清=殺害ではないというのも詭弁による牽強付会である。
2016/05/18 2:01 PM, 匿名希望 wrote:
小林某、今すぐ死ね。
2016/05/18 9:01 PM, … wrote:
>小林某にも実質「死ね」同様事があれば追求して欲しいのです

ハイハイ、もし小林っちが匿名っちに対して「死ね」と言ったり、実質的に「死ね」と言ってるのと同様と解釈するのが適当と判断される場合は、追及というか「そういうこと言うの止めなよ」って小林っちに抗議するョ。ちょうど匿名っちにそうしたようにネ。さもないと不公平だものネ。

けれども先にも書いたように、匿名っちのこだわる「抹殺」「粛清」という文言の使用が実質的に「死ね」という文言と同視できるかと言えば、これは何度となく再考してみたけれども「できない」というのがアタシの判断なの。

この前よりも理由を詳論すると、まず第一に、問題の文章で小林っちは、選挙協力の名の下に進められている民共合作の当否について論じているのであって、決して匿名っちについて論じているのではないというコト。彼が最も言いたかったことは、当人の主張する通り、民進党が共産党とツルムということは、例えば近頃リンチ事件を起こしたしばき隊と称する暴力極左連中ともツルムということになるがそれは愚策だろうという、極めて的確な指摘なの。でもおそらくそれだけでは味気ないと思ったか何かで、例えば刺身だけでは見栄えしないからツマを飾りにつけるように、匿名っちをちょっとオマケで飾ったというワケ。

こういった遊びは優れた書き手にはよくあるコトで、そういう遊びを発見するのも文章を読む醍醐味だとアタシは思うけどネ。マァ匿名っちもそう思えとは言わないけど。

第二に、小林っちは、

>匿名の抹殺なんざ真面目に考えてない
>私が匿名を殺すとかそれこそ杞憂というもの
>私はオマエに向かって「死んでくれ」とは言わないし願わない

と明言しており、それが虚偽であると疑うに足りる十分な理由がないコト。

第三に、小林っちは、

>「抹殺」という語を用いたのは、実力を用いた強制排除をも含むというニュアンスを持たせるため
>殺害までは伴わない
>匿名希望を念頭に置いたものでない

と釈明しているところ、確かに暴力事件を起こすような凶悪な連中が居座り続けるならば、例えば役所が警察力を借りてホームレスを強制排除するように、物理的力実力を用いた排除が必要とされる事態も容易に想定できるから、この釈明にも合理性がないとはいえないコト。

第四に、これら一連の死ね死ね騒動のそもそもの発端は、5月13日の匿名っちの投稿

>ならば死んでくれ

であって、これが最初の原因発言であるところ、原因発言さえなければ小林っちの発言が過激化するという結果も発生してないだろうから、確かに抹殺という表現は過激ではあるものの、原因者帰責原理をも考慮するとこの表現は「死ね」と同義であると厳しく断罪するのが適当とは思われないコト。

以上の理由で上記「抹殺」「粛清」に関しては、「死ね」と同義とはいえないと判断する。










2016/05/18 9:55 PM, … wrote:
なお、共産党との関係が取り沙汰されてる、山口センセのお気に入りのシールズとか称する連中の正体も、「世に倦む日々」氏の著作によって近々暴かれる模様。

山口センセのもう一人のお気に入り、香山リカも、カウンターデモと称し中指立てて他人に「死ね!豚野郎!」などと連呼して、その本性を明らかにした。
2016/05/18 11:20 PM, 匿名希望 wrote:
小林某同じ人間が書いたとは思えない論理破綻が起きている。私は「刺身のツマ」だろうが何だろうが粛清・抹殺の対象になったりならなかったりしている。 小林某のAと言って都合が悪くなるとカメレオンの如くAではないと言って「お前はAと言ったじゃないかと言う」人に教養度が低いと言う論法(いや詭弁による牽強付会)はここでも生かされている。こ奴の言う粛清=抹殺(実は血の粛清)だが都合が悪くなると辞書的意味ではない、「意味は広めにとる必要があり」等としてよくそのような文脈で使われた粛清=血の粛清ではないというのも詭弁による牽強付会である。
・「極左」運動家を凄まじく敵視した(「極左」だけではない)連中が「極左」運動家を血の粛清・抹殺をしたからです。その血の粛清・抹殺を「極左」運動家がした場合も多くある。
例えばそれは当時非合法の共産党員だった小林多喜二が特高にリンチ殺人された。小林某は特高みたいな高級職になりたくてもなれない奴であろうと今でも暴力極左連中を血の粛清・抹殺をしたい連中はいるだろう。
私がついでだろうがオマケだろうが刺身のツマだろうが小林某の強迫的な余計な一言だろうが、私を粛清・抹殺しろ(暴力極左連中についでに「私も粛清・抹殺されればいい」)と言っている事は事実。「…」は小林某の都合のよい所を出し小林某の問題を限りなく矮小化しぼかし
「これが最初の原因発言であるところ、原因発言さえなければ小林っちの発言が過激化するという結果も発生してないだろうから、確かに抹殺という表現は過激(派による血の粛清)ではあるものの、原因者帰責原理をも考慮するとこの表現は「死ね」と同義であると厳しく断罪するのが適当とは思われないコト。」とあたかも私が悪いように言う。
恐らく小林某は私の死ねに一方平静を気取りながら「実は過激に(報復原理は未開な事と言いながら)報復的」に死ねを上品にして粛清・抹殺(血の粛清)を暴力極左連中と私に絡めて読んだ人が「極左」運動家を凄まじく敵視した(「極左」だけではない)連中が「極左」運動家を血の粛清・抹殺をしたからだろう。その血の粛清・抹殺を「極左」運動家(この場合これは私を指すだろう)がした場合も多くあるという印象批評を持たせようとしたと言える。
よって「…」は根本的に間違いである。
小林某なる人物は文章をさもお上品(実は下等)に見せかけながら「Aと言って」都合が悪くなるとカメレオンの如く「Aではない」と言って「お前はAと言ったじゃないかと言う」人に教養度が低いと言う論法(いや詭弁による牽強付会)は「Aであって」「Aではない」という論理の扱い(排中律)の初歩を間違えている。
実は排中律を犯すながらも論が出来る人がいるが才能がいる。(小林某はまず無理で矛盾指摘されて粛清・抹殺される)
きらびやかな単語を使いながら言い逃れ、隠蔽をするが下手糞な頭隠して尻隠さず(実は三島由紀夫がこれが旨く多くは騙されている)である。
こんな「ケバい虚飾を政治屋の口先」程度の言う事に第三者を一応気取りながら小林某の味方をしその「ケバい虚飾を政治屋の口先」による下手なペテン詐欺師な所を見抜けなかった「…」の概念装置がかなり廃品・おシャカである。
パセリ程度に過ぎない「…」はさっさと粛清・抹「殺」されな「消」されなと私は思う。小林某はすぐ捨てるべき路傍カスだがね。
そもそも小林某のこのような自己愛的恣意性が際立つ文章や論理に見える記号の羅列はテクスト(←なんで小林のこの程度ゲテモノにテクストをあてる私は私に怒り心頭。これはテクストに失礼だ)として読解する所に意義はなく表現病理しか意味をなさない見事な典型。
2016/05/18 11:33 PM, 匿名希望 wrote:
小林っちもなんで「抹殺」とか語弊のある言葉を使うかなァ?(←じゃあもしかして「…」は小林某が抹殺=血の粛清と思ったのか?)
あのサ、匿名っち。小林っちが抹殺と言ってもホントに山口センセに極左の殺害を期待してるワケないでしょ?(←そりゃあ人に「死ね」と言ったって殺害が期待されてない場合あるから「死ね」はいいの?)
007カジノロワイヤルじゃあるまいし、小林っちが山口センセにホントの殺人を教唆するわけないジャン?(←なぜ「…」はそう言える?私はそう言えないと言ってるんだ)抹殺って、もちろん民進党で極左連中が活動したりできなくなるように、連中を追放せよ、って言ってるだけだヨ(←私は小林某が「民進党で(私も含まれた)極左連中が活動したりできなくなるように、連中を追放せよ)と言いながらそれが実力上不可能であるからいつでも言い逃れ出来るように「言って言ってない」ようにしながらお上品な単語でコーティングしながら極論で抹殺=血の粛清を印象批評づけて期待してると言っているように思えるね)
2016/05/19 12:22 AM, 小林 昭人 wrote:
昨日よりも多いな(>匿名)


 昨日は8つだったが、今日は軽く10発言を超えるようで、見るとどれもロクでもない内容で、分が悪くなると駄コメントを連発して相手の発言をリストの端に埋めてしまう飽和攻撃も見飽きたものである。次は連続コピペかな? 

 しかし、この男、相手を呆れさせて手を引かせるのが議論の方法として認められると本当に思っているのかねえ。認められると思っているから、同じ手口を何度も繰り返すんだろう。全般として匿名希望の議論の仕方は卑劣でアンフェアだ。抹殺云々はテンテケさんの説明で十分だろうから割愛する。

 ちなみに、匿名が気にしていたのは、だいぶ前の以下の文章。

「山口氏の「民進党」を支持するのに躊躇するのは、匿名はマンガとして、この種の人間の存在である(中略)匿名希望に限らず、その粛清は彼らの仕事だろう。」

 見ての通り、そもそも主語からして匿名ではなく、この文章で匿名というのは単なるフィラーワード(充当詞)、調子や音韻を整えるために入れられた冗句にすぎず、最初から意味などない。それが鬼の首でも取ったように「小林殺害計画説」の論拠として使われ続けるのは理解に苦しむが、匿名が私に浴びせている悪口雑言は軽くその十倍はあるはずだ。

 見れば匿名は私が彼に「怯えている」そうだから、彼の認識では私は知性教養のない格別臆病な自宅警備員のチキン野郎ということなので、以降綿々と「死ね」とか「死んでくれ」とやっているのは、それで私が追いつめられると誤解しており、脅迫でもしているつもりなのだろう。全くキチガイは手に負えないな。

 匿名が私の罪を鳴らすなら、公正な審判人テンテケ氏には是非とも匿名のこの罪も詮議してもらいたいものだ。別にしなくて良いけどね(笑)。匿名がそれほど大した奴ならフィラーワードなどに使うか(笑)。


>最新コメント

 珍しく全文引用の少ない文章だが、どうも匿名は私の挙げた文章で彼が「ついでに始末される」というのが暗殺指令と思いたいらしい。まあ、山口二郎のサイトに限ってはそうだろう。これまでの行状を見ても分かる通り、極左運動家に似た所のある(あくまでも印象にとどまるが)匿名は氏のサイトでは害毒しかなく、これは始末した方が良い人間だ。

 が、始末するといっても、たかだか政治学者のサイトではアク禁程度がせいぜいで、匿名の言うような「血の粛清」にはなりようがない。それに匿名希望の活動というのは、これは私のようにサイトを持っているわけでもなく、著書があるわけでもないので、これはいようがいまいが現在の政治状況には何の影響もない矮小なものである。先の文章で私は「山口氏の民進党」と問題のスケールをきっちり提示しているのだから、そのスケールに及ばない匿名の処遇などは初より問題外の顕微鏡レベルの話である。

 要するに匿名は文意からして論拠にならないものを取り上げて私を非難しているけれども、そういうのをこじつけと言うのである。ゼロに何を掛けてもゼロでしかない。匿名希望のやっていることは実在しない他人の非を挙げてより大きな自分の罪を隠蔽する、卑劣で実に虚しい自己弁護である。ここで私に誤謬なく、非は圧倒的に匿名希望の方にある(最初のコメントを見よ)。


>その顛末

 匿名は今後も色々書くだろうが、100近くもコメントを費やしてほとんど中身無く、問題提起もせず(私やテンテケ氏は時折色々挙げてはいた)、延々と中傷と言い逃れに終始しているこの人物の様子を見れば、別に審判を待つまでもなく、いつものことだが、ブザマで見苦しく卑怯で知性が低いなのは、私ではなく匿名の方だと分かる様子になっている。

 すでに見慣れたものだが、こうなって来ると潮時で、匿名もうかつに人の悪口を書いたばっかりに見るも無残な吊し上げに遭い、これがほとんど唯一の活動場所、山口二郎のサイトではダメージも相応に喰らったと思うので、以降は多少書いても飽和戦術で埋められるのがオチで、そろそろ手を引く時である。このコメントの後、匿名が今まで同様のコメントを100個書いたとしても、それでこちらがどうということはないものである。

 こちらも進歩のない奴を相手にしているほどヒマでもない。目的は達成したと思うので、ここらがそろそろ退き時だろう。

 それじゃ、後は勝手にやってくれ。何をしたところで、一般第三者のキミに対する見方が変わることは無いと思うので。
2016/05/19 1:21 AM, 匿名希望 wrote:
「この文章で匿名というのは単なるフィラーワード(充当詞)、調子や音韻を整えるために入れられた冗句にすぎず、最初から意味などない。」(←意味が無いなら最初から入れるな。どうしても入れたいなら私より有名な他のにしろ。なぜなら私は有名ではない、匿名なんだから。実名は知らなくていい。ならば他の歴史人物覚えて。例えばある「老害クソガキ」とかはお前が一番扱えるんだからさ。その「老害クソガキ」は有名ななりたそうで意味がないんだろうし)
「何をしたところで、一般第三者(オレ小林某)のキミに対する見方が変わることは無いと思うので。」(←極めて統合失調症の妄想と言われそうな信念をお持ちなのは立派だ、ならば精神病院に言ってそのまま閉鎖されてこういうインターネットにばら蒔いている事を言っていたほうが幸せなんじゃないでしょうか?隣に「オレは天皇の末裔だ」とか「アウシュビッツはパラダイス」と言う奴もいて…まあそこは精神病院にいる奴らだから刑法の罪刑や罪はないはずだ…たぶん)
2016/05/19 2:43 AM, 匿名希望 wrote:
私からの追放・アク禁・益々透明なる自分を恐れてるのはお前だろ?
私から追放・アク禁を恐れるより管理者の追放・アク禁を恐れたら?
私からの透明になる自分を恐れるならご自身がご自身によって透明になる自分を恐れたら?
2016/05/19 2:47 AM, 匿名希望 wrote:
てか、そもそもの始まりお前が私に下手糞な皮肉を言ったんだろう。
私は下手糞な皮肉を言われた事にカチンと来た訳ではなくその「余りの下手糞さ」にカチンと来た訳です。
2016/05/19 6:16 AM, 匿名希望 wrote:
小林某さ、極左運動家(暴力極左連中)に粛清・抹殺・始末しようとしたら、アク禁や組織からの追放じゃ済まないぞ。
それは歴史では暴力内ゲバや血の粛清を伴なったはず。
読むほうはそう思っても別に、極端飛躍ではないだろう。
じゃあお前が試しにお前の文章を日本だけでなく海外のモノホン暴力極左連中(極左運動家)に音読して、果たし状にして暴力極左連中(極左運動家)に粛清・始末・抹殺するぞと言ったら?それが血と暴力を伴わなかったら、お前の勝ちだ。命はかけろよ。
あっ、ちなみに私はお前に言わせれば「匿名というのは単なるフィラーワード(充当詞)、調子や音韻を整えるために入れられた冗句にすぎず、最初から意味などない。」
私は粛清・始末・抹殺には関係ないな。匿名希望自体意味ないんだから。
「匿名は私の挙げた文章で彼が「ついでに始末される」というのが暗殺指令と思いたいらしい。まあ、山口二郎のサイトに限ってはそうだろう。これまでの行状を見ても分かる通り、極左運動家に似た所のある(あくまでも印象にとどまるが)匿名は氏のサイトでは害毒しかなく、これは始末した方が良い人間だ。」
はぁ?私は粛清・始末・抹殺と関係あんの?
匿名希望は意味あるの?
まぁ取り敢えずお前は家(記号と虚飾の自己愛城)を出てお前の文章を日本だけでなく海外のモノホン暴力極左連中(極左運動家)に音読して、果たし状にして暴力極左連中(極左運動家)に粛清・始末・抹殺するぞと言え。それが血と暴力を伴わず私の目の前に来たらお前の勝ちだ。
ちなみに海外には銃があるね。
また「これまでの行状を見ても分かる通り、極左運動家に似た所のある(あくまでも印象にとどまるが)」について印象かどうかは関係なく私はそのような極左運動団体に加入していません。このような小林某の精神病を確信的に疑わせるパラノイア関係妄想で私を束ねないでください。もし私がその一員だったらお前死んでる。
2016/05/19 6:17 AM, 匿名希望 wrote:
(訂正)小林某さ、極左運動家(暴力極左連中)に粛清・抹殺・始末しようとしたら、アク禁や組織からの追放じゃ済まないぞ。
それは歴史では暴力内ゲバや血の粛清を伴なったはず。
読むほうはそう思っても別に、極端飛躍ではないだろう。
じゃあお前が試しにお前の文章を日本だけでなく海外のモノホン暴力極左連中(極左運動家)に音読して、果たし状にして暴力極左連中(極左運動家)に粛清・始末・抹殺するぞと言ったら?それが血と暴力を伴わなかったら、お前の勝ちだ。命はかけろよ。
あっ、ちなみに私はお前に言わせれば「匿名というのは単なるフィラーワード(充当詞)、調子や音韻を整えるために入れられた冗句にすぎず、最初から意味などない。」
私は粛清・始末・抹殺には関係ないな。匿名希望自体意味ないんだから。
「匿名は私の挙げた文章で彼が「ついでに始末される」というのが暗殺指令と思いたいらしい。まあ、山口二郎のサイトに限ってはそうだろう。これまでの行状を見ても分かる通り、極左運動家に似た所のある(あくまでも印象にとどまるが)匿名は氏のサイトでは害毒しかなく、これは始末した方が良い人間だ。」
はぁ?私は粛清・始末・抹殺と関係あんの?
匿名希望は意味あるの?
まぁ取り敢えずお前は家(記号と虚飾の自己愛城)を出てお前の文章を日本だけでなく海外のモノホン暴力極左連中(極左運動家)に音読して、果たし状にして暴力極左連中(極左運動家)に粛清・始末・抹殺するぞと言え。それが血と暴力を伴わず私の目の前に来たらお前の勝ちだ。命程度はかけろよ。
ちなみに海外には銃があるね。
また「これまでの行状を見ても分かる通り、極左運動家に似た所のある(あくまでも印象にとどまるが)」について印象かどうかは関係なく私はそのような極左運動団体に加入していません。このような小林某の精神病を確信的に疑わせるパラノイア関係妄想で私を束ねないでください。もし私がその一員だったらお前死んでる。
2016/05/19 6:38 AM, 匿名希望 wrote:
このようにこ奴は自己愛的自己矛盾、自己愛的論理破綻、自己愛的論理破壊策動、支離滅裂自滅がいつも見られる。もしかしてこ奴には連合弛緩(自己矛盾、論理破綻)、「あいつは暴力極左連中(極左運動家)だから粛清・始末・抹殺しな」という思考吹入かも知れない。
破瓜型統合失調症の可能性もあるので「精神病院行きな」。それか何らかの不肖万世一系は遺伝子の関係で精神破綻が進行しているのか、スピロヘータやバクテリアや梅毒が脳の中に入って暴れて論理を司るネットワークが破壊されたかだろう。(よってこ奴は気違い、精神破滅)
2016/05/19 7:28 AM, 匿名希望 wrote:
「山口氏の「民進党」を支持するのに躊躇するのは、匿名はマンガとして、この種の人間の存在である(中略)匿名希望に限らず、その粛清は彼らの仕事だろう。」(←おいおい都合の悪い事を中略するな。「山口氏の「民進党」を支持するのに躊躇するのは、匿名はマンガとして、この種の人間の存在である。その点、山口氏らはこれら「教条的左派、極左」と明確に決別したようには見えない。むしろ利用できるなら利用する的なニュアンスさえある(最新のコメント)。ネトウヨが安保時代の極左学生の蛮行(日本赤軍)など引き合いに出し、いわゆる大衆の恐怖心を呼び起こしていることを見れば(これがあったので年配者の多くは共産主義が嫌いである)、匿名希望に限らず、その粛清は彼らの仕事だろう。」)見ての通り、そもそも主語からして匿名ではなく、この文章で匿名というのは単なるフィラーワード(充当詞)、調子や音韻を整えるために入れられた冗句にすぎず、最初から意味などない。」
では匿名希望には暴力極左連中(極左運動家)と関係ないと言える匿名希望には意味がないんだから。「匿名は私の挙げた文章で彼が「ついでに始末される」というのが暗殺指令と思いたいらしい。まあ、山口二郎のサイトに限ってはそうだろう。これまでの行状を見ても分かる通り、極左運動家に似た所のある(あくまでも印象にとどまるが)匿名は氏のサイトでは害毒しかなく、これは始末した方が良い人間だ。」
えっ、今度は私が暴力極左連中と連想されている。以前も指摘したが、同じ人間が書いたとは思えない論理破綻が起きている。私は粛清・抹殺の対象になったりならなかったりしている。
匿名希望には暴力極左連中(極左運動家)と関係ないと言える匿名希望には意味がないが、一方暴力極左連中と連想されている。先程は同じ文章をはぁ?私は粛清・始末・抹殺と関係あんの?私は粛清・始末・抹殺には関係ないな。匿名希望自体意味ないんだから。と読める。
これを一纏めにすると
「匿名希望には暴力極左連中(極左運動家)と関係ないと言え粛清・始末・抹殺には関係なく一方匿名希望は暴力極左連中と連想され粛清・始末・抹殺と関係ある」
いつもの小林某なる「Aと言って」都合が悪くなるとカメレオンの如く「Aではない」と言って「お前はAと言ったじゃないかと言う」人に教養度が低いと言う論法(いや詭弁による牽強付会)がここに健在。
小林某は人を気違いと言いながら自分が何を言ってるのか解っているかどうかの理性もない。
お前何を言ってんの?
その場しのぎの都合をただ言っているに過ぎないのだろうな、IQが0じゃないの?
理性を振りわましながらこの人を爆笑させる妄想的内容はクスリで頭やられたのだろうか?
それかお前実は病院行って理性における選択で闇ロボトミーでも受けたか?(だってお前の理性狂ってるもん)
それか電気ショック(電パチ)で頭がさらに機能不全でブッ壊れたか?
2016/05/19 7:35 AM, 匿名希望 wrote:
小林某と「…」は相手するのが拷問・憲法違反の残虐刑と言う程の低レベル。
2016/05/19 1:56 PM, 小林 昭人 wrote:
もうすぐ除夜の鐘


>匿名なんとか

 またぞろいつもの飽和攻撃か、議論の流れを見にくくし、同じフレーズを繰り返して自分に有利な印象操作をしようという卑劣な戦術だが、先に私が予告した通りの反応でもある。


>「オマエら、たたっ切ってやる!」

 どこかの集会での山口二郎氏の罵言であるが、一見過激なこのフレーズをネトウヨたちが大喜びしてバラ撒いていたのは最近の話である。片言に過去の極左運動家の蛮行などを結びつけ、左派サイドによる脅迫まがいの言辞として氏も含む民進党のイメージ悪化に利用していた。

 しかしこの下劣なやり方、本当に庶民に受け容れられたのかといえば、山口氏の発言の99.8%はリベラルらしく穏当なもので、氏のイメージもそういうものであるから、すでにこのサイトなどで述べられている氏の言動から得る以上の印象はついぞなかった。民進党についても同じである。この党が自ら犯したミス以上の非難が庶民サイドにあるとも思えない。

 むしろこういうやり方は、主として安倍首相の取り巻きにいるネトウヨの陰湿さ、読解力も含む知性の低さ、自分らの蛮行は棚に上げ針小棒大に相手方の過失を揶揄する卑劣さなどが印象付けられたに過ぎず、ネトウヨの様子は昔の左派活動家同様、市民の支持を失い、退潮しているのが実情である。ネトウヨ教祖であった空自の田母神が、児戯のような選挙買収で捕まったことも、連中の衰運に拍車を掛けるものであっただろう。

 民衆はバカではない。情報化社会の今日、このような露骨な中傷はすぐに底が割れ、非難の矛先は揶揄された山口氏にではなく、それを非難した者共に向けられることになる。が、連中がいやらしいことは既知のことなので、真実を洞察しつつ、民衆は冷ややかに口をつぐむだけである。

 現在の安倍内閣の支持率は45%であるが、それでも衆参同日選や改憲に躊躇しているのは、同内閣の支持率の4割が「他に適当な人がいない」という消極的なものであり、実際の支持率は3割に満たず、不支持の方が支持より多いことがある。政権獲得時に橋下徹から引き継いだネトウヨやネトウヨ的論理を最大限に活用して政権を維持してきた安倍内閣だが、そのやり方は存外民衆の支持を得ていない。改憲など思いもよらぬこと。

 後知恵であるが、もしこの内閣が脅しと背信を政策遂行の道具に用いなければ、過去の民主党の失策もあり、真水の支持率はもっと高かったかもしれない。現政権が提示している像は、先の選挙時に有権者が期待した「かつての自民党」時代のそれとは明らかに質の異なるものである。うち広がる閉塞感に、何とかしてこの男を政権から引きずり落とすしかないという意思は、中傷にもめげず、日々拡がっているように見える。失政が次々と明らかになっている今日、この流れはおそらく変わるまい。

 ネトウヨが山口氏や香山リカ氏の本性という発言を揶揄すればするほど、失笑を買うのは彼らではなく、それを吹聴する者たちである。何より国会で答弁する安倍氏の傲慢で不誠実な応答が、彼が親玉であるという確信を、その真偽は別として、いや増しに強めている。


>左派運動家

 匿名希望がおぞけているこれであるが、50年前ならいざ知らず、平成の御代となってはこの極左勢力の存在は一般市民には知らず面識もないというのが本当だろう。が、このサイトでの匿名希望のやり口を見れば、その陰湿さに執拗さ、文意の曲解に卑劣な論法というのは、読者に面識のないこういう存在をイメージさせるものがある。

 最初に簡単な質問をし、右左のリトマス試験紙を提示した私だが、匿名の場合、右でないことは自認なので、ならば左という簡単な判別法で、匿名は「左派運動家モドキ」として認知した。中道というのもあるが、サイト主の山口氏が左派リベラル(ほぼ中道)であるので、それでもないとすると極左に寄るしかないという安直さなのだが、私としては読者に「極左とはこれほど嫌らしい存在」とイメージできれば良いので、現実には幹部は国外逃亡し、組織としては衰弱したこれも、匿名を通じて「排除すべき存在」と認知できれば、これはこれで良いものである。これは読み手に暴力や「血の粛清」を通じて体験学習させるわけにはいかないものだからだ。

 言うなれば匿名は運転免許センターにある運転マシンみたいなもので、イメージを伝えるための単なる媒介でしかない。なので「マンガ」と揶揄している。お気に召さないようだが、私に謝罪し、今の態度を全面的に改めない限り、上の簡単な分類法で特に問題は無く、匿名希望とはそういう人間である。


>論理破綻

 匿名の自己肥大以外、特にあるようには見えないね。


 では、108つまで頑張ってくれたまえ。
2016/05/19 7:25 PM, 匿名希望 wrote:
「…」さんへ。あなたが試しにお前の文章を日本だけでなく海外のモノホン暴力極左連中(極左運動家)に音読して、果たし状にして暴力極左連中(極左運動家)に粛清・始末・抹殺するぞと言ったら?それが血と暴力を伴わなかったら、あなたの勝ちだ。私は小林某のあの粛清・抹殺連発もただの追放という意味に過ぎないとこの場合解釈しましょう。
2016/05/19 8:10 PM, 匿名希望 wrote:
アク禁たってお前が先に私をアク禁にしろ言ったんだろ?
2016/05/19 11:13 PM, 匿名希望 wrote:
(訂正)「…」さんへ。あなたが試しに小林某のが暴力極左、粛清、抹殺、始末(←次から次へと実質同じ意図で使っている単語を小林某は並べること)やらの文章を日本だけでなく海外のモノホン暴力極左連中(極左運動家)に音読して、果たし状にして暴力極左連中(極左運動家)に粛清・始末・抹殺するぞと言ったら?それが血と暴力を伴わなかったら、あなたの勝ちだ。私は小林某のあの粛清・抹殺・始末連発もただの追放という意味(意図)に過ぎないとこの場合解釈しましょう。
2016/05/19 11:28 PM, 小林 昭人 wrote:
匿名のテンテケさんへの質問

>「…」さんへ。あなたが試しに小林某の(以下省略)

 すでに回答済みの話、答えるには及ばない。分かってないのは匿名一人。

2016/05/19 11:38 PM, 匿名希望 wrote:
私はお前に訊いていない。容喙するな。
「…」の解答は未だに出ていない。
2016/05/19 11:39 PM, 匿名希望 wrote:
お前は自分、自分と言いながら「…」か?
法律では人の手紙を開けたら郵便法違反。
2016/05/19 11:46 PM, 匿名希望 wrote:
お前さ、私のお前じゃない他人への質問を答えたら、その時点でどんな質問もその他人も気分が悪くなると思わないのかな?気分が悪くならないなら私もそうしよう。
2016/05/20 12:03 AM, 匿名希望 wrote:
「…」からあなたが死ねと言われたらとあったから回答しましょう。
色々な場合がありますが、私はその死ねと言った奴を粛清・抹殺・始末する場合があります。
言葉で人を殺す事も出来るのですから。
2016/05/20 12:05 AM, 匿名希望 wrote:
小林昭人死にやがれ。
2016/05/20 12:13 AM, 匿名希望 wrote:
小林某は膨大な匿名を希望する人達(私は匿名を完全には希望していない)を背景として非業の死を遂げるといいね。
2016/05/20 1:26 AM, 匿名希望 wrote:
「…」さんへ
私が小林某に死ねと言ったのは(勿論そう思ったのも事実だが)あ奴命かけるとかどーとか陶酔してやがったから、じゃあ命かけてるなら死ねよって言ってやりたかった訳で、死ねとはやたら人に言う事ではないとは解っています。
2016/05/20 6:41 AM, 匿名希望 wrote:
「…」さんへあなたは何故匿名なんだろうか?
「2ちゃんねらーはアナタなんじゃないの、匿名っち?」と「…」が言うなら実は2ちゃんねるには匿名で『批判する者に対して、「市ね」とか「タヒれ」とか「逝ってよし」だとか平然と書き込む』のもいるがそれはそれでそれなりなものも匿名で存在する。あなた人の事を言えない。
私が小林某をここを2ちゃんねるにしたと言ったのは2ちゃんねるには記号の羅列により罵詈雑言、貶し、侮辱、差別、ネガティブキャンペーン、(碌でもない)自身の優位を血眼になってでも表出願望剥き出しのそこらじゅうに充血眼になって不屈の闘志で太陽のように熱く燃え盛る鉄の意志をもって糞便発射を繰り広げトイレの躾がなってないような奴が汚物にまみれた記号ゴミ廃屋にスレッドをしているのもよくいてまた本来2ちゃんねらーだったのがオレは2ちゃんねらーのバカ(やバカなネトウヨ)とは違うぞ、透明になってゆく自分に怯え「自分、自分」のためと言って以前の知性エスタブリッシュメントだった左派リベ識者のサイトに出入りしている(ちなみに加藤智大も本来2ちゃんねらーと言われ透明になってゆく自分に怯え「自分、自分」のため違う色んなサイトに出入りしていて参加者から相手にされる形で承認を求めていたようだが、結果誰も見る人もいなくなったようだ)そういう意味で私は言った。
いずれ小林某は「…」もアク禁し山口二郎もアク禁にし本人以外誰も見る人はいなくなるだろう。
2016/05/20 10:22 AM, 小林 昭人 wrote:
ホームベーカリー男、匿名希望


 昨夜は12時近くに書いたが、一晩経つと膨らんでいるというのは自動パン焼き機みたいだな。


>「…」の解答は未だに出ていない。

 牽強付会とか小難しい言葉を使うくせに基礎的な国語力がなってないんだねえ、正解は「回答」。テストなど問題に答えを出すのが「解答」。普通は間違えんけどな。


>言葉で人を殺す事も出来るのですから。

 相手を見て物を言え、私がオマエごときに殺されるタマか(嘲笑)。


>その他人も気分が悪くなる

 オマエのやっていることとオマエの存在はもう十分気分が悪い。今さらオマエの心情など斟酌するに及ばない。


>その他一番長いの

 事実誤認も甚だしい。現在の私のサイトにはアク禁は機能さえないし、このサイトでも匿名含め誰もアク禁にはされていない。その立ち居振る舞い、言動の不穏さからして、2ちゃんねらーまがいで、アク禁にいちばん近いのはオマエだろう。


「日教組の憲法手帳は憲法9条から始まっている。」

 別のサイトでのオマエの書き込みだけどさ、一応、県の教職員組合に問い合わせてみたけど、「日教組の憲法手帳」、今はもう発行していないらしいね。担当者も知らないというので調べてもらっているけどさ、ネットを見てもネトウヨが大喜びしそうな内容なのに、同じ趣旨の書き込みは無いし、県立図書館にも収蔵はない。これはオマエ、伝聞なんじゃないの?

 一次資料と二次資料を峻別することはこういう場所でも基本でさ、どこかのネトウヨ本から引いたデマみたいな内容をそのまま垂れ流しているあたりでお里が知れる。仮にあったとしても、ずいぶん昔の本で現在の教職員に影響があるかと言えば、そこまで言及しなければ、これは誤解を招くしまずいわな。それともう一つ。


「人権派よ、恥を知れ!」

 これもたぶんネトウヨ学者のコンビニ本の影響だと思うけどさ、テンテケさんとの議論の最中では、これは結構重要な言い草なのさ、細かくは解説しないけど、ありていに言えばキミはこの国が「コソボ化」しても良いと言うんだな。人命尊重の概念を法益から外すとはそういうことだ。が、分かっているようには見えないな。これも分かっていなくて「人権尊重はケシカラン!」とネトウヨ学者の言い分をそのまま鵜呑みにしたんだろう。恥を知るのはオマエだ。


>モノホン暴力極左連中

 こちらがちゃんと限定してあったことに気付いたのか、これについては取り下げたのかな? 「AはAでない」なんて単純な論理で私は文章書いちゃいないよ。破綻しているのはオマエの読解力だ。


 憲法手帳については調べてもらっているので、返事は後で。

2016/05/20 10:36 AM, 匿名希望 wrote:
私匿名なんですが、「別のサイトでのオマエの書き込み」を見たってどうやって調べたんですか?
その根拠はなんですか?
あなた私をここ位に出没するしかない云々と言ってましたよね?
2016/05/20 10:47 AM, 匿名希望 wrote:
(訂正)お前さ、私のお前じゃない他人(「…」)への質問をお前が答えたら、その時点でどんな質問もその他人(「…」)も気分が悪くなると思わないのか?お前が「…」気分が悪くならないと思うなら私もそうしよう。
2016/05/20 10:51 AM, 匿名希望 wrote:
ええ私は気づいてます。お前が言語の曖昧さと恣意性を自己都合に悪用している事をね。
2016/05/20 12:02 PM, 小林 昭人 wrote:
憲法手帳


 県の教職員組合から回答が来たので参考まで。


1.昨年のものは見たことがあり、今も発行されているはず。
2.大きさはマッチ箱2つ分くらい。
3.発行者は日教組ではないと思う。
4.組合事務所に常備はしていない、現物もない。
5.全教職員が持っているものではない。
6.一般販売については、方法はこちらも分からない。

 そもそも入手自体が困難だわな。で、モンダイの収録内容は。

7.全文が収録されており、第9条からということはない。
8.労働大学の憲法手帳と内容は同じ。

 という回答で、現物を見たわけではないから断言はできんけれども、匿名の言う「日教組の憲法手帳は第9条から」はたぶんガセだろう。

 そもそも「日教組の憲法手帳」というもの自体が謎本で、日教組のホームページ及び関連サイトの取扱書籍にも記載がないため、これは匿名の妄想文庫と疑われる。引用において特殊で入手困難な書籍の場合は、通常のルールに従い、著者及び出版社、出版年及び版数、該当ページを明記せよ。


 それじゃお答え。


>「別のサイトでのオマエの書き込み」を見たって

 ああこれ間違いな、このサイトでの別の文章だよ。それで問題でも?


>言語の曖昧さと恣意性を自己都合に悪用

 悪用もできない奴に言われる筋合い無いわな。何せオマエの文章と来たら、表現汚くて文法も乱雑で、日本語として読めたものじゃないから。


 とりあえず回答まで。


2016/05/20 12:13 PM, 匿名希望 wrote:
『>「別のサイトでのオマエの書き込み」を見たって
ああこれ間違いな、このサイトでの別の文章だよ。それで問題でも?』についてお伺いします。ではこのサイトでの別の文章とは何ですか?それはどこにありますか?それは執筆者(かつ投稿者)は「必ず」私ですか?
匿名でも私は自分が何を書いてるのか、投稿したのかは解ります。
2016/05/20 12:17 PM, 匿名希望 wrote:
(訂正)
『>「別のサイトでのオマエの書き込み」を見たって
ああこれ間違いな、このサイトでの別の文章だよ。それで問題でも?』についてお伺いします。ではこのサイトでの別の文章とは何ですか?それはどこにありますか?それは執筆者(かつこのサイトへの投稿者)は「必ず」私ですか?
匿名でも私は自分が何を書いてるのか、このサイトへの投稿したのかは解ります。
2016/05/20 12:20 PM, 匿名希望 wrote:
このサイトは(このサイトと)別のサイトではない。
重大に意味内容が違う場合がある時は訂正しろ。
こういう人物には信用が無いので答える気が失せる。
2016/05/20 12:29 PM, 匿名希望 wrote:
てかさ、アンタなんで日教組の本部に訊かないの?
2016/05/20 12:50 PM, 匿名希望 wrote:
アンタお開きするんじゃないの?止めたら?
2016/05/20 1:30 PM, 匿名希望 wrote:
私はお開きに致します。
何故ならばこれまでにおいてあなたに全くとして信用がないしこれからも無いでしょう。
質問には責任を持って答えますが、答えない事で答えに致します。
何故ならば、私もその事に関する事を知っていますが、公開されている情報を調べたら直ぐに解る事です。私もそうでした。誰でもその可能性は十分にありよってご自身が納得するまでの調査が出来るネタは転がっています。
2016/05/20 1:40 PM, 小林 昭人 wrote:
とっとと消えてくれ


>私はお開きに致します。

 消えるまでずいぶん時間がかかったな、当面来なくて良いよ。


>アンタなんで日教組の本部に訊かないの?

 ホームページに電話番号が載っておらんのだ。


>こういう人物には信用が無い

 裏も取らない、資料を捏造するオマエはもっと信用できんだろうよ。こちらが指摘した内容を提示しないところを見ると、やっぱり原本は手元に無いんだな。


 じゃ、さよなら、オマエは128番目のコメントは書くなよ。私は好きな時に書くから。

2016/05/20 1:51 PM, 匿名希望 wrote:
じゃあ104しろよ、それか本部行け。(電車賃はママが出してくれるだろう)
『>「別のサイトでのオマエの書き込み」を見たって
『ああこれ間違いな、このサイトでの別の文章だよ。それで問題でも?』についてお伺いします。ではこのサイトでの別の文章とは何ですか?それはどこにありますか?それは執筆者(かつこのサイトへの投稿者)は「必ず」私ですか?
匿名でも私は自分が何を書いてるのか、このサイトへの投稿したのかは解ります。』
お前その日教組云々文章を捏造したのか?
2016/05/20 1:53 PM, 匿名希望 wrote:
じゃあ県教組に番号教えてもらえばいいじゃないか?
2016/05/20 1:55 PM, 匿名希望 wrote:
今104したら日教組の番号があったよ。
オレ責任あるねぇ〜、これくらいのことはしてやるよ。
2016/05/20 2:03 PM, 匿名希望 wrote:
「私は辞書にある言葉の意味を質問されたら答えない事にしています」と言うのがいて、辞書という公開情報があるし、何でその人がその言葉の意味を捏造したと言えるのだ?
そういう質問した奴が調べろよ。
その話しは有名だからネット以外で調べろよカス。
2016/05/20 2:10 PM, 匿名希望 wrote:
人に裏を取れと言うのは正当だが、お前に信用が無いとダメだね。
のサイトは(このサイトと)別のサイトではない。重大に意味内容が違う場合がある時は訂正しろ。こういう人物には信用が無いので答える気が失せるし、『>「別のサイトでのオマエの書き込み」を見たって『ああこれ間違いな、このサイトでの別の文章だよ。それで問題でも?』についてお伺いします。ではこのサイトでの別の文章とは何ですか?それはどこにありますか?それは執筆者(かつこのサイトへの投稿者)は「必ず」私ですか?
匿名でも私は自分が何を書いてるのか、このサイトへの投稿したのかは解ります。』、人に裏をとれと言うならこの裏を取りな。
これがダメだろうなと解った時点でこいつに信用が無い事が確認出来た。
突然の日教組言いがかりにビックラこいたよあたしゃあ。
お開き、お開き。
2016/05/20 2:12 PM, 匿名希望 wrote:
捏造・詭弁第一信用第二、これじゃあ働いたとしてもアンタ通用しないよ。
2016/05/20 2:13 PM, 匿名希望 wrote:
小林某、働け。
毎日の義務を果たせ。
2016/05/20 2:16 PM, 匿名希望 wrote:
年を取れば取る程働き口無くなるよ、親がポックリ逝ったら、アンタどうすんの?遺産あるの?
生活出来るの?
でも小林某、働け!
2016/05/20 2:18 PM, 匿名希望 wrote:
護憲もいいけど労働はまず義務だよ、あっ、改憲でも労働はまず義務か(憲法学の改正の限界より)。
2016/05/20 2:19 PM, 匿名希望 wrote:
アンタ私と絡むより勝山実に絡みな。
2016/05/20 2:24 PM, 匿名希望 wrote:
一週間は月火水木金土日だ。毎日が日曜日ではない。毎日が日曜日だったらロシア民謡の一週間がオカシクなるだろうよ。
2016/05/20 2:25 PM, 匿名希望 wrote:
小林某、働け!
毎日の義務果たせ!
2016/05/20 2:26 PM, 匿名希望 wrote:
じゃあねえ〜バイバイ〜。
2016/05/20 2:57 PM, 小林 昭人 wrote:
ネタは上がっているんだ


>それは執筆者(かつこのサイトへの投稿者)は「必ず」私ですか?

 オマエだよ、それは間違いない。

 で、問題の文は以下のページ
 http://www.yamaguchijiro.com/?eid=1340#comments

 文体が似ているとかさ、そういう曖昧な根拠じゃないよ。まあ、文章読めば同一人物と分かるけどさ。それ以外にもある。


>今104したら日教組の番号があったよ。

 ああ、そう、私が聞いたことはそういうことではないけどな。相変わらずグズでノロマで要領悪いねえ。サッサと引用元出してよ。

 いざとなれば「俺の文章じゃない」で書き逃げか、「質問には責任もって答えます」と書いている奴の所業とはとても思えんな。


>「必ず」私ですか?

 それともう一つ、私は以前オマエに「匿名希望」の「成りすまし」について尋ねたよな。返事もらってないけど(どちらに転んでも影響はないからな)、自分で自分の書いた文章否定する発言をしているようだから、もう一度尋ねるわ。オマエは私の悪口なら成りすましでも利用する卑劣漢か、それとも、2ちゃんまがいの口汚い中傷はオマエ本人か。

 前者ならオマエの発言はそれこそ信用が無いし、後者ならオマエは私に向かってコメント欄の2ちゃん化と言ったが、それは私に対する不当な中傷で、2ちゃんねらーはオマエということになるな。


>捏造・詭弁第一信用第二

 今のところ、オマエ自身のことを言っているようにしか聞こえないね。


>一週間は月火水木金土日だ。

 以前にオマエは精神病院の入院歴(自白)と聞いていたけど、ビョーインではインターネットができるのかな、オマエが働きながらネットができるなら、私がそうして悪い理由はなかろう。睡眠も8時間以上シッカリ取っているしな。

 それに引き換えオマエは、、

・昨夜の書き込みが午前1時26分終了、6時41分再開。10時36分から現在まで。
・一昨日は午前2時47分終了、6時16分再開。以降7時35分から午後7時25分まで活動なし。
・三日前は午前1時34分終了、6時48分再開。以降午後2時1分から11時20分まで活動なし。
・四日前は午前2時36分終了、5時23分再開。以降6時31分から翌日1時34分まで活動なし。

 手に取るように分かる昼夜逆転の生活で、夜勤の事務職というのも聞いたことがないが、通常、工場の二交代というのはこんな感じだ。

(昼勤)午前9時から午後7時まで(残業1時間ある場合)。
(夜勤)午後9時から午前6時まで(残業なし)。

 昼勤の場合だと通勤1時間、睡眠が8時間として、ネットをするなど自由になる時間は午後8時から12時までの4時間。夜勤だと午前7時から翌日0時までの5時間となるわな。割り振り方にもよるが、匿名みたいな出方は普通の仕事じゃできないんじゃない?


>小林某、働け! 毎日の義務果たせ!

 というわけで、これはソックリ貴様に返してやるわ。職場からパソコンできる夜勤の事務職なんぞないし、精神病院もないだろう。生活費もらいながら昼夜逆転で夜な夜なパソコンなんぞ叩けるのは精神障害で休職中のサラリーマンか年金生活者、精神疾患の某皇族くらいだ。


>じゃあねえ〜バイバイ〜。

 そうだな、上のパターンだとそろそろ寝る時間だな。
2016/05/20 3:20 PM, 匿名希望 wrote:
「どちらに転んでも影響はないからな」
じゃあ何でしつこく何回も何回も聞くの?影響無い事聞くなよ。無駄。トリビアにも影響はあるのだ。
「文体が似ているとかさ、そういう曖昧な根拠じゃないよ。まあ、文章読めば同一人物と分かるけどさ。(←何で?)それ以外にもある。」それ以外って?
じゃあこれが同一人物であるという裏を取って。そしたら認めるわ。
一回確かに私は別のHNを使った事がありますし「匿名希望」とした他人が匿名を希望して投稿したがあった。(←探してもいいけどメンドイから嫌だ)
「あと小林某、働け! 毎日の義務果たせ!
というわけで、これはソックリ貴様に返してやるわ。」
そうあなたが言うんでしたらあなた何かお仕事をなさっているのですか?
随分私の言う事に短時間で反応なされるようですから。
突如日教組言ったのはあなたで県教組(どこの県教組、どこのセクション、担当者の名前は?)にまで電話したんだから日教組まで電話しな。
2016/05/20 3:24 PM, 匿名希望 wrote:
もしかして、あなたがその時にあの日教組云々の書いたの?(←アンタらしい理路整然だねあの文章)
そういえば2ちゃねるにネット右翼がフィーバーしてたが実は発信元が朝日新聞だったんだってよ。
で朝日新聞が2ちゃんねるを問題視するんだよ。
ヒエ〜。
2016/05/20 3:31 PM, 匿名希望 wrote:
「それともう一つ、私は以前オマエに「匿名希望」の「成りすまし」について尋ねたよな。返事もらってないけど(どちらに転んでも影響はないからな)、自分で自分の書いた文章否定する発言をしているようだから、もう一度尋ねるわ。オマエは私の悪口なら成りすましでも利用する卑劣漢か、それとも、2ちゃんまがいの口汚い中傷はオマエ本人か。それともう一つ、私は以前オマエに「匿名希望」の「成りすまし」について尋ねたよな。返事もらってないけど(どちらに転んでも影響はないからな)、自分で自分の書いた文章否定する発言をしているようだから、もう一度尋ねるわ。オマエは私の悪口なら成りすましでも利用する卑劣漢か、それとも、2ちゃんまがいの口汚い中傷はオマエ本人か。」
先ほど言いましたが無駄が答え。アンタ知りたきゃ自分で調べな日教組もそう。
ジャーナリズムも発表ジャーナリズムより調査報道が注目されているよ。
2016/05/20 3:34 PM, 匿名希望 wrote:
じゃあ頑張ってね。
2016/05/20 3:48 PM, 小林 昭人 wrote:
早くオネンネしな。


>じゃあこれが同一人物であるという裏を取って。そしたら認めるわ。

 私が知っていることを全部オマエに話す義務無いよ。オマエも私の質問に答えないだろ。サッサと答えろよ、そしたら認めてやるわ。


>随分私の言う事に短時間で反応なされるようですから。

 パソコンが使える、ある程度の裁量ある事務職とか自営なら、職場からブログやフェイスブックを更新している人なんざ、私が知っているだけでも大勢いるよ。


>どこの県教組、どこのセクション、担当者の名前は?

 また馬脚を現わしたな。役所や教職員組合でセクションなんて言葉頻繁に使わんよ。部課名でその言葉を広範に使うのは自衛隊だ。

 前から気になっているけどさ、オマエ、たまに自衛隊用語使うけど、自衛隊の入隊歴ない? 「極左暴力組織の一員」と矛盾と言うだろうが、見ての通りあれは便法で、私自身がオマエをそうだと思っているわけじゃない。前にも話したけどな。


>アンタ知りたきゃ自分で調べな日教組もそう。

 はぐらかすなよ、匿名、また質問に答えず遁走か。

2016/05/20 4:08 PM, 匿名希望 wrote:
「じゃあこれが同一人物であるという裏を取って。そしたら認めるわ。
私が知っていることを全部オマエに話す義務無いよ。オマエも私の質問に答えないだろ。サッサと答えろよ、そしたら認めてやるわ。」について自身が書いて投稿した明確な証拠が無い限りそれは「これお前の文章だろ」に関して私の責任外です。元々アンタが知りたいんだろ?じゃあ自身が調べな。 では訂正して「どこの県教組のどこに聞いたの?担当者の名前は?」
ちなみに一番手っ取り早いのは日教組なんだから日教組へ「Go」。
そして「随分私の言う事に短時間で反応なされるようですから。
パソコンが使える、ある程度の裁量ある事務職とか自営なら、職場からブログやフェイスブックを更新している人なんざ、私が知っているだけでも大勢いるよ。」
ああ仕事の折り合いが大変ですね。
なんかずーっとこの人画面見てんじゃねぇのと思う時あり。
・自衛隊…解んない、パス。
2016/05/20 4:10 PM, 匿名希望 wrote:
法律用語で言えば立証責任はあなたに有り。
頑張ってね。
2016/05/20 4:16 PM, 匿名希望 wrote:
浅見定雄がイザヤ・ベンダサンは誰かを追求してたな。
頑張ってね。
2016/05/20 4:29 PM, 小林 昭人 wrote:
自衛隊から逃げたな


>自衛隊…解んない、パス。

 セクションについて指摘されて言い換えもしたな。どうして自衛隊との関わりを避けるの? 元隊員なの? 調べても良いけど教えてよ。

 あと、仲間がいるよね、5人から10人程度。どれもオマエと同じ精神薄弱で思考力のない人間ロボットだと思うけどさ。


>ああ仕事の折り合いが大変ですね。

 その通りなんだよ、オマエがいつまでも狡く言い逃れているから、夜までしばらく休むわ。私の仕事では、オマエみたいな奴をグズでノロマと言うのだけどな。つまらん話をいつまでもズルズル引き伸ばしやがって。


>浅見定雄がイザヤ・ベンダサン

 目晦ましはいいからさ、オマエのその知識は、オマエには何の役にも立たんよ。基礎体力のない奴がいくら知識武装したって所詮付け焼刃。

 このまま行っても平行線だと思うから、しばらく身を引くわ。勝ったと思いたいなら思わせてやる。が、オマエに私を中傷する自由は無いことは良く覚えとけ。

 数日間の昼夜逆転で、オマエの体はボロボロだと思うからな。

2016/05/20 4:41 PM, 匿名希望 wrote:
「役所や教職員組合でセクションなんて言葉頻繁に使わんよ。部課名でその言葉を広範に使うのは自衛隊だ。
前から気になっているけどさ、オマエ、たまに自衛隊用語使うけど、自衛隊の入隊歴ない?」
入隊歴ありません。(←無いという証明は不可能ですからこう私は言います)この文章が表面的日本語は読めますが、解りません。セクション、私が自衛隊用語を使う?
解らない。解らない事については言わない。パス
・「どこの県教組のどこに聞いたの?担当者の名前は?」
ちなみに一番手っ取り早いのは日教組なんだから日教組へ「Go」。
2016/05/20 4:54 PM, 匿名希望 wrote:
「あと、仲間がいるよね、5人から10人程度。」それは何の根拠?そしてそれは具体的に誰?
「オマエに私を中傷する自由は無いことは良く覚えとけ。」
あの…あなたが先に仕掛けたはずです。
そう言うなら『オマエが「まず」私に中傷する自由は無いことは良く覚えとけ。』
あなたが中傷してないのに私が一方的に中傷したらそれは私がいけませんがね。
2016/05/20 5:26 PM, 小林 昭人 wrote:
匿名へ


 オマエがどう言い逃れしようと、私はオマエをずっと疑っているよ。

 じゃあな。

2016/05/20 6:56 PM, 小林 昭人 wrote:
異常すぎるオマエの生活


 匿名クンはグッスリとお休みのようで。


>匿名希望

 昼夜逆転のオマエの異常な生活な、ここ4日ほどだがグラフにしてみたよ。橙は活動期、濃灰色は寝てる時間。

優雅な匿名ライフ
http://www.geocities.jp/kakito7000/tokumeilife.png

 人のことを無職だとか自宅ヒッキーだとか言う割に異常な生活してるねえ、左記にも述べた通り事務職夜勤なんかないが、オマエのライフスタイルは完全に夜型、夜勤型、ねえ、どんな仕事してるの? ほとんど昼間寝ていて、これに比べれば私の方がまだ普通だよ。


>あの…あなたが先に仕掛けたはずです。

 オマエが先だよ。いくら飽和戦術でもコメント欄の順序は変えようがない。じゃ、夕飯作らなきゃいかんので、今日はここまでな。


追伸

 次の出現は夜中の2時頃か。

2016/05/20 7:01 PM, 匿名希望 wrote:
「匿名へ
オマエがどう言い逃れしようと、私はオマエをずっと疑っているよ。
じゃあな。」
「じゃあな」なんだから
「じゃあな」だろ。
2016/05/20 7:55 PM, … wrote:
匿名っちは、

>小林の粛清抹殺始末という文章を果たし状として、海外のモノホンの暴力極左連中に音読して、それでも血と暴力が起きなければ単なる追放の意味と解釈しましょう

と、あたかもアタシが匿名っちにもそう解釈するように求めたのように書いてるけれども、アタシは匿名っちの、

>小林にも死ねと同様事があれば追及してもらいたい

という求めに応じて、小林っちの用いた粛清抹殺という文言は死ねと同義とは解されないと、「アタシの」解釈・判断を示したのであって、「匿名っちも」同様に解釈せよとは求めてないから、その求めてないことを得るために海外暴力極左の前で音読する必要はないの。

そんなことをしなくても、小林っちの用いた粛清抹殺という文言が、抗議すべき「死ねと同義と解すべき文言」に当たるかどうかの判断を示した時点で、アタシの「匿名っちの求めに応じる」という目的は既に達成されており、そのあと匿名っちがアタシの判断を認めるかどうかは、匿名っち自身の問題であって、アタシの問題ではないから、どのように解釈しようとそれは匿名っちの自由だヨ。

もっとも、単に消極的にアタシの判断を承認しないというに留まらず、さらに進んで積極的にアタシの判断は誤りであると主張し、その撤回と訂正を求めるということならば、その時はアタシもその求めに応ずるべきか否か新たな判断をする必要があるから、アタシの判断が誤りであるという根拠なり理由を示してちょうだいネ。

というのは、誤りであるという主張に合理性があれば、誤りを認めて撤回及び訂正をするにやぶさかではないけれども、なぜ誤りというのか根拠なり理由が分からなければ、その主張に合理性があるかどうかも判断できないから。

なのでアタシが誤りであるという根拠なり理由を示さないか限り、熟慮の結果正しいと信じて出した結論を撤回するようなことはアタシはしないし、仮に根拠なり理由が示されたとしても、その根拠なり理由が不合理ならば、やはり撤回はしない。

思いつきで発言してすぐに撤回する香山リカじゃないんだからネ。











2016/05/20 9:13 PM, … wrote:
それにしてもコメント数150超えって、、、

炎上状態だわネ、参加者3人で、、、
2016/05/20 11:21 PM, … wrote:
今ニュース見てたら舛添都知事フルボッコになってたwww
2016/05/21 2:28 PM, 小林 昭人 wrote:
炎上モドキ


 あらテンテケさんこんにちは。


>炎上状態

 一つのコメントに平均7〜8つくらい応答してくるからスレが伸びるのよ。それでいてこちらが条理を尽くして応答しても、伸びるスレッドに埋められてしまうし、話をすり替えられるしでホント、厄介な相手だわ。


>お目覚め

 一応、こちらの匿名インジケータ2を見てみると、そろそろ出てくるころじゃないかなあと思うけど。

優雅な匿名ライフ2
http://www.geocities.jp/kakito7000/tokumeilife2.png

 匿名の場合、夜更かしの傾向は以前からあって、山口さんの他のエッセイのコメントを見ても夜中の2時とか3時とかは平気だ。今回みたいなことがなければ午前10時頃出てくるのもあったけど、ここ数日を見てみると75%の確率で朝8時から12時までは寝てるから、昨日は就寝邪魔してやったけど、それでも午前中は寝てたんじゃないかなあ。一応、16日から19日までの行動パターンから分析した「匿名ライフ」は図表参照。

 かなり乱れた生活パターンだが、それでも6時起床の習慣があるらしいことは見て取れる。そういうのは集団生活していたとか、施設に暮らしていた人間に良く見られるもの。が、前日夜更かしで疲労している場合は起きはするが、すぐ寝てしまうようだ。普通のヒッキーにはまずなさそうな習慣だわな。私なんて休みの日は10時まで寝てるから。

 あと、男性ヒステリーというのは、古今東西、軍(自衛隊)関係者の精神疾患には多いそうだ。匿名がヒステリー性ということはリアクションを見れば分かるが、ヒステリー性の男性自体、世の中ではあまり見ない。

 複数疑惑もあって、自分で書いた文章を捏造と決めつけたり、文体がコロコロ変わったりしているけれども、ほぼ同質の性格の人間が同じHNで複数寄り集まっているというのも、普通ではない光景ではないかと。

 いずれにしても、かなり不毛なやり取りで、この政治学者(山口二郎)に妨害要員を常駐させて威迫する意味があるのかと思うが、以前は割と他の人のコメントも書き込まれていたように思う。が、しつこくて見識の狭いこの男のせいで、今や「鳥なき里のコウモリ村」になっていることは否定できんわな。

 匿名に政治的意見があるのかと言えば、今まで見た限りでは、また、過去の掲示文を参照する限りでは、彼には定見とか、意見と言える意見は無いように思う。

2016/05/21 4:13 PM, … wrote:
>匿名ライフ
>そろそろ出てくるころ

なるほど、これは匿名っちの生態に関する優れた研究だワ。コバヤシっちはホントに昔からこう言うの得意だヨネ、観察した細かな事実から合理的な推論を積み上げて、有力な仮説を組み立てるのが。

アタシはそれほど鋭い観察眼持ってないし、そもそも観察したいと思うほど彼の生態に関心ないから注意したコトなかったケド、確かにこのような生態から考えると、集団生活経験者というのはありそうなコトだヨネ。

そして、集団生活と言えば自衛隊とか精神科入院とかだけじゃなくて、(医療)少年院とかも含まれると思うケド、コバヤシっちは、彼が先にした

>透明になっていく自分
>私に対して死ねという者がいたら、その者を粛清抹殺始末する場合があります

という発言を合わせ考えると、何か思いつくコトない?アタシはある可能性に思い至ってチョット怖くなったんだけど。








2016/05/21 7:25 PM, … wrote:
それにしても何で匿名っちは、コバヤシっちから成りすましかどうか尋ねられた時には沈黙して答えないでおきながら、コバヤシっちが成りすましでないと仮定するとにわかに態度を変えて、「私であるという証拠は?」などと言って成りすましの可能性を示唆するのかしらネ?

態度が首尾一貫しないと、ご都合主義的に成りすましの可能性を利用する、独善的な人と言われても仕方ないと思うワ

2016/05/21 10:39 PM, 小林 昭人 wrote:
今夜は静かだねえ


 匿名はもう起きているはずだが、就寝パターンを崩されて調子悪くなったのか、今宵は静かだねえ。


>アタシはある可能性に思い至って

 私はサッパリ、挙げられたコメントを読めば考える内容もあるが、ここは予断を交えず、テンテケさんの考えの方を聞きたいもの。

2016/05/22 9:56 AM, … wrote:
>私はサッパリ

アタシも、コバヤシっちが

>オマエ自衛隊の入隊歴ない?

と言うまで気がつかなかったの。ただ、匿名っちの、


>小林某は「オレが、オレが」と言いながら「透明になっていく自分」になって
>透明になっていく自分に怯え「自分、自分」のためと言って以前の知性エスタブリッシュメントだった左派リベ識者のサイトに出入りしてる
>加藤智大(注・秋葉原無差別殺人事件の犯人)も本来2ちゃんねらーと言われ透明になっていく自分に怯え

という一連の発言の中で「透明になっていく自分」という表現が頻出するコトや、言葉について、

>言論らしき記号
>論理に見える記号の羅列
>「…」が散々私を追及した「あの記号」を浴びせてやりたくなります

と、「記号」という語を多用するのを見てて、漠然とした違和感は感じていたの。でもその違和感がどこから来るものかわからなくてモヤモヤしていたんだケド、コバヤシっちが自衛隊のような集団生活の経験者の可能性に触れているのを読んで、その違和感の原因に思い至ったの。

それは「絶歌」を読んでもらうか

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E9%80%A3%E7%B6%9A%E5%85%90%E7%AB%A5%E6%AE%BA%E5%82%B7%E4%BA%8B%E4%BB%B6

でわかると思う。まさか本人ではないだろうけど、かなり深く影響を受けてるのかなと。

2016/05/22 3:55 PM, 小林 昭人 wrote:
一つの仮説だが


>匿名=酒鬼薔薇

 可能性はほとんど無いんじゃないかと。理由は以下の通り。


1.未成年者を少年院に収容するのは人格に可塑性があるからで、更生して出所した者はその先の社会に適応し、そういう者が院時代の生活習慣を後生大事に保持していることは考えにくいこと。

2.「透明なボク」は酒鬼薔薇が「絶歌」を出版した際に一世を風靡した有名なフレーズで、本を読めば誰でも真似できる通俗的な表現であること。

3.以前に匿名は高校時代の教育実習生につき述懐していたが、酒鬼薔薇はそもそも高校に行っていないこと。また、少年院に教育実習生が派遣されることは普通はないこと。

4.「その者を粛清抹殺」というのは、相手の攻撃行動に対する防衛ないし報復行動で、いたいけな幼児を惨殺した酒鬼薔薇は基本的に攻撃者、サディストであり、逮捕の状況を見ても、この人物に相手の反応を見てから対応を決めるという、防御的傾向は乏しいと見られること。


 4については、匿名は私の悪口を繰り返すばかりで、議論のイニシアティブを取ろうとか、相手を特定の方向に誘導しようといった策略じみた行動はついぞなかった。これは自身の犯行を見、犯行声明文を新聞社に送った酒鬼薔薇とは正反対の志向傾向であり、闇雲に駄々を繰り返し、我々にとっちめられていた匿名には、テレビで見た「高校時代に野球部に所属したことのある30代の男」を演じるほどの高度な自己客観視の能力もないため(Wikiによる)、両者の行動原理は全く別のものと考えられること。そもそも酒鬼薔薇だったら、報復の対象は少年院時代に自分を虐待した他の院生で、こんな政治学者サイトの通りがかりではないのではないか。

 また、そもそもの紛争も発端も、当方はこのコメント欄の第1番目の書き込みと認識しているが、匿名の応対の様子は私が先制したことによる自衛行動と一貫していることがある。つまり、防御的反応が思考の基礎であり(酒鬼薔薇は攻撃)、先にも述べた通り、彼の争闘の進め方は酒鬼薔薇とは似て非なるものである。酒鬼薔薇ならば例えば私のプライバシーを調べ上げて晒し者にするとか、紛争を2ちゃんねるに持ち込んで拡大させるとか、相手を困惑させたり、意表をつくような方法を取ると思うが、匿名は今のところ紛争をこのコメント欄の欄内にとどめており、彼の認識では(見た目はともあれ)防戦一方に徹していることがある。

 防御的反応の典型は相手の質問を曲解して問い返し、あたかも自分の質問のように仕立てて相手方に返答ないしリアクションを求める手口で、これが攻勢的気質の持ち主なら、そもそも相手の質問など待たず、自分から質問し、又は他の言動ないし方法で状況をコントロールしようとするだろう。また、攻撃者はリスクを取る(犯行現場への再帰、犯行声明文など)が、匿名にそういう発想は見られない。彼の認識では紛争のコストを支払うのは常に相手方であり、自分が責任を負担するという発想がない。

 つまり、私の見方では匿名と酒鬼薔薇は「別人」というものだけど、テンテケさんが挙げたように、匿名の表現には酒鬼薔薇臭いものもあることは本当である。が、それは彼が酒鬼薔薇に印税を払ったというだけのことで、元より定見というもののないこの人物のこと、これは彼のその他の表現と同じく、本に影響されただけのレンタル国語でしかなく、他の本を読めば表現も変わる、その程度のものでしかないと考えている。


>かなり深く影響を受けてるのかなと。

 たぶんかなり深く影響を受けているのだけど、本人ではないし、いい年をした中年男が幼児殺人の取るに足りないガキの言葉にそこまで影響を受けるということ自体、この人物の知的水準の低さ、人柄の卑屈さ低劣さを良く表すものであって、そんなものの猿真似など、端から論ずるに足りない。


 とまあ、こんな感じだろうか。不足している点、異論があればどうぞ。

2016/05/22 9:58 PM, … wrote:
>不足している点、異論があればどうぞ

イヤ、おおむね的確な分析と思うワ。彼の発言を遡って仔細に観察してるし、丹念に検討している。特に、

>自分が責任を負担するという発想がない

という分析はまさにアタシが考えていたコトで、思わず膝を叩いちゃったのだけど、そのように考えた理由はコバヤシっちとは少々違っててネ、それは彼が

>小林某は人の文章を正確に読むことをしないで、誤読を繰り広げる
>多分こ奴の知性の程度が低いのも人の言葉を尊重しないからでしょう

などと言って、自分の文章の拙劣さは棚に上げ、他人が自分の文章を理解しないのはその他人のせいだと嘯きつつ、何度指摘されても文章を分かりやすくするためのわずかな労力さえ惜しんでコピペとツギハギを繰り返し、

>あなたはお前の文章を日本だけでなく海外のモノホン、、(以下略)

などといった支離滅裂な文章を作成する。これは彼自身が自分の「言葉を尊重」してないということに他ならないのに、その自覚がまるでないばかりか、不都合な指摘をされると、

>立証責任はそっちにある

と一方的に他人に責任を押し付けて逃げるコト。これらの事実から考えて、匿名っちは自分の言論に責任を持つという発想はないんだろうなとアタシも思ってた。

ただそうすると、コバヤシっちが彼を

>いい年をした中年男

というのはどうかなと。というのは、上記のような無責任で他罰的な態度からは成熟した大人の男性の姿は浮かんでこず、むしろ地団駄を踏んでる幼児の姿が思い浮かぶから。だって再読して欲しいんだけど、

>「…」は根本的に間違ってる
>「…」はあたかも私のほうが悪いかのようにいうから

これって本当に「いい年をした中年男」が書いたと思える?実質的な理由が何もないでしょ?まるで民進党の法案提出理由みたい。「安全保障関連法を廃止する法案を提出する。なぜなら廃止する必要があるからである」!

それに彼の用語の選択。少年Aは「大怨」だとか「銜える」だとか衒学的な言葉を好んで用いたようだけど、匿名っちも「容喙」だとか「渇仰」だとかの晦渋な語を使っており、それが何というか不自然で、少年Aと同様一生懸命背伸びしているように見えるコト。

ウーン、この幼児性からはヤッパリ「いい年をした中年男」とは思えないワ。20代後半からせいぜい32歳くらいかなと思う。この点は異論と言えば異論だけど、文句つけてるワケじゃないからネ。










2016/05/22 10:04 PM, … wrote:
ゴメン、画面をスクロールするのもう疲れたから、次に何か書くときは一番目上のエントリーの米欄に書くワ
2016/05/23 11:29 PM, 小林 昭人 wrote:
匿名希望は


 どうやら退散したようだし、退散しなくても大したことは何もできまい。と、いうわけで。

>次に何か書くときは一番目上のエントリーの米

 も、書くことは別に無さそうで、これはお開きにして良いと思う。


追伸

 1年前に凹まされて後、匿名がまた出てきていることは知っていたが、私の悪口を書くまでは、知っていて泳がせることにしていた。相も変わらずの愚にもつかない揚げ足取りと、文法力不足の混濁した文章は読みにくく、誰も読みそうにないものではあったが、それを掣肘するのは私の役目ではないと思っていたことがある。匿名が私の中では無視しても良い存在、透明な存在になってからかなりの月日が経つ。

 今回も、前回よりはコメント欄が伸びたが、それは匿名が前回以上に必死に書き込んでいたためで、私の方は今回は対応を抑え、あまり影響が出ないようにしていた。つまり、今回の方が平易であった。次回はもっと平易であろう。他人を貶すことに執心し、進歩しないこの男に人間性の美を見出すことはできず、その後ろ暗い情熱は誰の共感を得ることもない。すでに本人も透明な存在であることを自覚しており、これはますます隘路を行くのだろう。

 だが、他人を呪い、不幸を願うことは相手が誰であれ、私の主義に反する。匿名希望は一度このサイトを離れ、どこか遠い場所で自分を見つめ直した方が自分にとっても他人にとっても良いことであろう。

 他人に向かって「死ね」と言った人間は、その言葉により、その相手ではなく自分の胸に引き抜けない刃を突き刺すのである。匿名が言ったごとく、まさしく「言葉で人を殺すことができる」のだが、この場合、殺されるのは、その言葉を発した当の本人である。

2016/11/04 11:47 PM, 茶坊主 wrote:
うゎぁ〜小林馬鹿人が
まだ居てたのか!

こいつは自作自演が得意で
究極の構ってちゃん。。

会いに行くからと脅した
つもりが根性が無いから
逃げ出した自宅警備員さん。

おい馬鹿人よ、私の居場所を
調べ倒して今から行くと
ほざいたくせにまだ来ないのか?

馬鹿人の為に淹れたお茶も
スッカリ冷めちゃったよ。。
2016/11/06 7:58 PM, 茶坊主 wrote:
ちなみに小林馬鹿人は
1人で何役もこなしながら
バレて無いと思ってる基地外の
類ですから。。

Add a comment:









 
RECOMMEND
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.