2016.04.04 Monday 18:36

行儀作法

行儀作法  子供のいたずら、腕白はある程度は大目に見てもらえる。しかし、普通の子供は、だんだん大きくなるにつれて、行儀よくすることが他人に不快感を与えず、世の中で生きていくために必要な作用だということを悟るようになる。  最近の政治家の暴言、不行跡は目に余る。これらの政治家の多くは憲法改正に熱心で、戦後教育が日本人の道徳を頽廃させたと嘆いている。彼らは、道徳教育の失敗のために私たちのような非常識で無作法な大人が増え、子供のようにわがままな人間が国会議員にまで上り詰めるようになりましたと、日々悪い手本を見せびらかしているのだろうか。日本に道徳を回復したいなら、この種の政治家は、他人の躾をあげつらう前に、己の非行を恥じ、公的世界から退くのが、身の処し方というものである。  一連の不祥事は週刊誌が追いかけている。大新聞、特に社会部はいったい何をしているのか。政治家の私生活を暴くことまでは期待しないが、少なくとも資金をめぐる疑惑は徹底的に追及してほしい。また、人間の尊厳を無視するような価値観の持ち主に対する批判もメディアの役割である。  犬が人を噛んでもニュースにならないが、人が犬を噛んだらニュースになると言われる。ならば、最近の政治家はやたらと人に噛みつく狂犬程度の存在なのか。

Comment:
Add a comment:









 
RECOMMEND
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.