2018.02.07 Wednesday 17:24

都会生活の脆さ


 1月22日には東京で久しぶりの大雪が降った。北海道に長い間住んでいた私は、この程度を大雪とは言わない。しかし、毎度のことながら、交通機関は大混乱した。積雪の中で人間生活を守るためには大きな費用が掛かる。東京では雪対策などしていないのだから、たまに大雪が降れば不便を我慢するしかない。交通機関の遅れに文句を言う方が間違っている。人口2百万人弱の札幌市が1年に使う除雪費用は約200億円である。春になれば解けるに決まっている雪のためにこれだけのお金を使うのはむなしいような気もする。しかし、それは北国の自然環境の中で生きさせてもらうためのコストと割り切るしかない。その種のコストについて気付く機会のない都会人は自然に対して傲慢になりやすく、それは不幸あるいは危険のもととなる。
 人間の生命、生活が自然や気候の微妙なバランスの上に成り立っていることは、農業者には自明の常識だろう。都会人はそのことを理解せず、不平屋になりやすい。昨年10月ごろの長雨や低温のせいで、正月から野菜の高値が続いている。もちろん消費者にとっては困った話である。しかし、見方によっては、気候がちょっとバランスを崩しただけで私たちの生活はとたんに大きな苦労を強いられるという厳しい現実に思いを致すよい機会である。店に行けば野菜や果物が適切な値段でいくらでも買えるということは、ありがたいことである。
 世界のいくつかの国からは、地球温暖化に起因すると思われる大火災のニュースが入ってくる。漁業の世界では、サンマや鮭などのお馴染みの魚の漁獲量が激減しているというニュースもあった。さらに、今年はシラスウナギの漁獲高が従来の1%以下という衝撃的な数字まで報じられている。これについて、斎藤健農水大臣は今年の土用の丑の日に出荷されるのは昨年捕獲されたものなのでとりあえず影響はないとコメントしていた。それは全くの気休めではないか。ウナギが絶滅危惧種になっていることについての危機感を喚起すべきである。
 古来、食料価格の値上がりは庶民を苦しめ、時として革命の引き金となった。だが、21世紀の今は、価格の高騰には、気候のバランスが崩れるうえに、温室効果ガスの歯止めなき排出、資源の乱獲、自然破壊など人為的な要因が重なっている。人間にとって自業自得という側面もある。
 持続可能性という観点から人間の生活や経済活動を見直す必要性は、一層大きくなっている。食料生産を金儲けの手段としてだけとらえ、儲けのための効率性を追求することは、途方もない愚行である。

日本農業新聞 1月31日

Comment:
Add a comment:









 
RECOMMEND
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.