2018.12.27 Thursday 16:41

尊厳的部分

 今日は平成最後の天皇誕生日である。このところ天皇家と政府の関係が不安定になっていることがうかがえる。
 19世紀イギリスの批評家ウォルター・バジョットは、『イギリス憲政論』の中で国家機構を、尊厳的部分と機能的部分分け、ている。機能的部分とは実際に社会を統治する政府、尊厳的部分とは人々から服従や忠誠を引き出す権威とされる。そして、国王に代表される尊厳的部分が安定的統治の秘訣であるとした。
 安倍政権の最大の罪は、尊厳的部分、つまり明文化されていない権威を軽んじている点にある。機能的部分の中にも尊厳的部分のような役割を果たす公的機関がある。従来であれば、法秩序の安定性のために内閣法制局が自立した権威を持ち、通貨の信用維持のために日本銀行が中立的権威を持ってきた。しかし、この6年間、安倍政権はこれらの公的機関の人事を壟断し、政治的道具とした。
 2013年4月28日に、講和条約から沖縄が取り残されたことに心を痛めていた天皇に主権回復記念式典への臨席を求めたことから始まり、安倍政権は君主制にまで自らの政治的意思を押し付けようとしてきた。
平成の終わりに当たって、ためにする改憲議論を終わらせ、戦後憲法体制の正統性を広く確認、共有することが日本の秩序のために必要である。

東京新聞12月23日

Comment:
2019/01/01 10:36 AM, 日野幹一 wrote:
 明けましておめでとうございます。

 いよいよ改元の年となりました。
本年が日本国民にとりましてよい年と
なりますように、この歌で年の初めを
祝いたいと思います。

     君が代は
     千代に八千代に
     さざれ石の
     いわおとなりて
     こけのむすまで

     いくさに敗れ
     平和の誓いを
     高く掲げ
     我らはともに
     国の未来をひらく

     人それぞれに
     学びとたくみの
     技をきわめ
     力を尽くす
     これぞ我らが誇り

 どうぞお元気でご活躍ください。

 平成31年1月1日   日野幹一
Add a comment:









 
RECOMMEND
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.